コードブルー冴島はるかの元彼氏田沢の病気と2人の結末は?

コードブルー 冴島はるか 彼氏 田沢 病気

今回はコードブルー冴島はるかの元彼氏田沢の病気と2人の結末は?といったテーマでおおくりします。

 

ウザ男
冴島はるかを演じている比嘉愛未さんって本当に美人だよね。
可愛子
ウザ男はいつも目のつけどころがそれね(呆)

確かにそれは間違いないんだけどね。

冴島はるかと藤川がコードブルー3で結婚したの?とも話題になっているので元彼氏の情報に気になっている人も多そうね。

なので、今回はコードブルーの冴島はるかの元彼氏田沢の病気と2人の結末についてお伝えしてきいます。

Sponsored Links

コードブルーの冴島はるかと元彼氏田沢はどんな人物?

冴島はるか(比嘉愛実)は

  • 藍沢耕作(山下智久)
  • 白石恵(新垣結衣)
  • 緋山美帆子(戸田恵梨香)
  • 藤川一男(浅利陽介)

の4人がフェロードクターの頃から多くのフライトを共にしてきた救命センターのフライトナース。

 

代々医師の家庭に育った冴島は最年少ながら、ずば抜けた技術と並みの医師では敵わない知識量をもっている優秀な看護師です。。

その有能さから、藍沢たちからも絶大な信頼を寄せられていて、4人と同じ同志として深い絆で結ばれています。3人兄弟の末っ子である冴島。

兄と姉の存在がとても優秀だったことからあまり両親の関心は彼女に向けられることはなかったようですね。

 

一度は医師を志した冴島ですが試験に落ちたことをきっかけに看護師になることを決意します。

挫折を味わいながらも決して道を逸れることなく努力を続け、その結果がたくさんの命を救う救命救急で役立っているのです。

分け隔てなく、人に対してはっきりと意思を伝える彼女は嘘の無い真っすぐな人という印象を強く持ちます。同性から見てもとても好感のもてる女性ですね。

 

そんな冴島の心を見事射止めたのは、同じく優秀な心臓外科医・田沢悟史(平山浩行)。

優秀な医師と看護師の誰から見てもお似合いの幸せなカップルであるはずの2人でしたが・・・

しかし、田沢が突然、運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症)、通称ALSという難病に襲われた事で関係は変わっていくのでした。

 

コードブルーの冴島はるかの元彼氏役俳優と画像

コードブルーでの冴島はるかの元彼氏役を演じた俳優は平山浩行さんです。

2017年の話題作映画・昼顔や医師たちの恋愛事情やディア・シスターなど様々なドラマ映画で活躍されている俳優さんです。

1977年10月17日生まれのA型で、身長は185cmと高身長です。

デビュー前は西麻布でバーテンダーをしていて、当時は石橋貴明さんも来店されていたそう!

セクシーなただずまいの役も多く、オトナ女子からも注目を集めている俳優さんです。
 

コードブルーの冴島はるかの元彼氏田沢の病気について

田沢が患った、運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症)通称ALSとは、

手や足、口内の筋力が徐々に衰えていき、呼吸に必要とされる筋肉までも無くなってしまうという病気で、ALSを患った5年後の生存確率はわずか7%と言われています。

 

筋肉の病気と思われがちなALSですが、そうではなく筋肉を運動させる神経・運動ニューロンが障害を受ける病気です。

運動神経がうまく伝達できなくなった結果、筋肉がやせ細っていってしまうのです。

身体の機能が著しく低下していく中でも、視力や聴力、内臓機能は保たれることが多くあることが特徴です。

 

女性に比べて男性に多いALSですが病気の原因は解明されておらず、神経の老化が原因の一つという事しかわかっていません。

また、進行性の病気であるALSは一度かかってしまったら症状の改善は難しいと言われています。

 

運動神経が障害を受けてしまったらもちろんメスを握るのも難しくなってしまいます・・・

優秀な医者であったことから、今までうまくできたことができなくなってしまう現状に相当なストレスを感じていたに違いありません・・・

田沢は自殺未遂もしているので、かなり自暴自棄になっていたのだと思います。

 

コードブルーの冴島はるかの元彼氏田沢と同じ病気になった有名人は?

日本人では著名な方で罹患された方はいませんが、アメリカでは大リーガーのルー・ゲーリックがこの病気にかかったことからルー・ゲーリック病とも言われています。

ゲーリックはニューヨークヤンキースで活躍して、当時の世界記録である2130試合連続出場を果たしており、鉄の馬という愛称で親しまれてきました。

 

野球の神様であるベーブ・ルースともプレーしており、わかりやすく例えるならば、日本の長島茂雄さんと王貞治さんのような存在とも言えるのではないでしょうか?

1939年の6月13日に診断を受けて約2年後の1941年6月2日に亡くなっています。

 

生存率も低く、大変恐ろしい病気あるALSですが、この病気が世界的な運動によって注目を浴びることになります。

それがアイスバケツチャレンジでした。

 

アイスバケツチャレンジとは

アイスバケツチャレンジとは、2014年に始まり指名されたり自ら参加した人はALSの研究を支援するためアメリカALS協会に寄付をするか、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、その両方をするか、から選択する慈善運動。

参加後にはアイスバケツチャレンジに参加してほしい人物を2,3名挙げ、バトン形式に繋いでいくものになります。

 

アメリカでは氷水に「祝福」の意味もあり、元気づけるという意味も含んでいます。

有名アスリートや政治家、多くの著名人が参加したこの運動は社会現象となり、その働きによりALSの認知度が一気にあがりました。

 

多額の寄付金が寄せられるきっかけとなったアイスバケツチャレンジですが、危険も伴うこのチャレンジは賛否も大きく分かれました。

あくまで氷水をかぶったり寄付をすることは強制では無く、善意に基づいて運動に参加してほしいとALS協会は訴えています。

 

Sponsored Links

コードブルーの冴島はるかと元彼氏田沢の出会いから別れまで

冴島はるかと元彼氏田沢の出会い

冴島の高校時代に家庭教師として出会った田沢。医大を目指していた冴島にとって田沢はとても尊敬する存在にありました。

たくさんの人から将来を有望視されているほど優秀な医師になった田沢を突如襲ったALSという病。

2人の関係にも大きな変化をもたらします。

自信にあふれ輝いていた恋人の田沢が病気によって体も心も徐々に蝕まれていく姿を傍で見ていることは冴島にとって耐えがたいものでした。

 

コードブルー1stシーズンの冴島はるかと元彼氏田沢

1stシーズンで冴島の勤める病院の庭の階段下に倒れていた田沢がオペ室に運ばれてきます。

怪我自体は大したものでは無く、治療を終えた田沢が休む病室に向かう冴島。

そこで恋人関係を解消したいと伝えるのですが、とにかく切ないシーンで印象的でした。

 

「本当は仕事の合間にあなたに会いに行くのが苦痛だった。でも行かずに冷たいオンナと思われるのも嫌で。あなたが重荷だった。」

 

本当は別れを考えていたけれど、切り出す勇気もないまま距離だけおいた事を謝罪する冴島。

ここまで自分の言葉で感情をさらけ出せるのは、恋人の病気から逃げる自分への贖罪も含めた、最後の誠意なんだろうと覚悟を感じますね。

 

真っすぐな気持ちを伝えられた田沢も同じく飾らない言葉で自身の感情をありのまま伝えます。

 

「本当はぐちゃぐちゃにして、俺と同じ苦しみをお前にも味あわせてやりたい。憎まれてもいい。お前にはずっと覚えててほしいんだ。」

 

優秀な医師であった田沢は自分の残された時間もこれから自分がどうなっていくのかも嫌というほどわかっている中で、どうしても死の恐怖に共に立ち向かってくれる人が欲しかったのでしょう。

 

どちらの気持ちも人間として自然なもので、誰にも責められないものがあります。

その後、恋人の病気から逃げた自分を責めて、フライトナースの資質を自ら問う冴島に対して「俺も自分が1番大事だよ。」と短く慰める藍沢がなんとも切なくて、見ていて本当に考えさせられる回でした。

 

コードブルー2ndシーズンの冴島はるかと元彼氏田沢

そんな2人でしたが、2ndシーズンではまた変化が見られます。恋人がALSを患い、その全てを背負おうとし過ぎて苦しくなってしまった冴島。

看護師として成長していく中で、本当は自分の方が田沢を強く必要としていた事に気が付き最期まで田沢と共に病気と闘う覚悟を決めます。

その決断はとても辛い現実を最後まで突き付けてくるのでした。

 

延命治療を拒否した田沢に残された時間は本当に僅かに限られたもので、日に日に弱っていき、ついに自発呼吸ができない状態にまで。

いつ旅立つかも知れない恋人が苦しむ最中でも、ドクターヘリの要請はやってきます。

 

その時、冴島はヘリへと走って向かうんですね。

本当は傍で看取ってあげたいはずなのに最後まで医療従事者としての使命を全うすることが、自分に出来る唯一の事とでも言うかのように任務にあたる冴島は本当にかっこよかったです。

田沢の死をもって別れてしまった2人ではありますが、最後まで互いを敬愛し心から相手を思い合っていた素敵な恋人同士でした。

 

コードブルーの冴島はるかと元彼氏の話は何話?

コードブルーの1stシーズンでは7話、最終話。

コードブルーの2ndシーズンでは1話〜5話で出演しています。

 

コードブルーの冴島はるかと元彼氏田沢への視聴者の反応は?

 

仕事に真面目で真っすぐな人柄の冴島と最期まで立派な医師としてこの世を去っていった田沢は視聴者からもとても好感の持てるカップルだったようです。

恋人として看護師として、患者である田沢と向き合う冴島の姿には多くの人が胸をうたれました。

 

亡くなってしまった事は残念ですが、その経験を後ろ向きなものにしない為にも、田沢の死という経験から得たもので冴島には人として看護師として成長して欲しいと思っている人が多いようですね。

 

まとめ

冴島にとって特別な人という点では永遠に変わることのない田沢への想い。

一方で、3rdシーズンでは冴島が藤川と結婚?という話題になる展開となっています。

果たして冴島はどのような人生の選択をしていくのか気になるところですね。

 

そして、8月14日放送のコードブルーシーズン3の5話では冴島が◯◯に!?

ファンなら必見です!

⇨コードブルーの動画 3シーズン5話の無料視聴方法やみどころも!

 

Sponsored Links

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。