コードブルーは医者から見てどう?医者目線の感想を調査

コードブルー3 医者からみて 医者目線

この記事はコードブルーは医者から見てどう?医者目線の感想を調査といったテーマでお伝えします。

 

ウザ男
コードブルーって実際どうなんだろうね・・・

結構医療ドラマの中にはお医者さんから酷評されているものもあるじゃない?

可愛子
今日は珍しく真面目なのね、ウザ男・・・

確かに、医者目線で見ると現実的じゃないという医療ドラマもあるわよね。

ドラマの影響を受けて患者さんがやってくるとなるとお医者さんとしては正しい医療ドラマを放送してくれないと大変そうよね・・・

そこで、実際にコードブルー3が医者目線から見てどうなのかお伝えします!

 

Sponsored Links

コードブルーで医者役を演じる人気俳優たちに注目!

大人気医療ドラマのコードブルー。

今回3度目の連続ドラマ放送が叶い多くのファンが歓喜しています。

歓喜の理由のひとつに変わらぬ豪華な出演陣の存在があります。

 

山下智久さんを始め、新垣結衣さん、戸田恵梨香さんと通常ドラマでの主演級の俳優さんが多く共演する本作。

9年前のseason1の放送開始時は、「いま人気の若手キャストが集まったなぁ」という印象でしたが、9年の時が経ち今や大人気の俳優さんたちとなりましたね。

 

脇を固める先輩医師を演じる役者さんも、椎名桔平さん、りょうさん、寺島進さんととても豪華です。

season1からほとんど変らぬキャストで創られるコードブルーの世界だからこそ、親近感が湧き視聴者も感情移入しやすいのではないでしょうか?

 

加えて新たに新人医師として加わった面々も、成田凌さんや新木優子さんなど期待の若手俳優さんを多く起用しています。

彼らも数年後、season1から大きく成長を遂げた俳優陣の様に主役級の俳優さんたちになっているのかもしれませんね。

劇中での成長と現実世界での成長、併せて楽しみです。

 

コードブルーは医者から見てどうなのか気になっている人も多い

医療関係者が監修を務め、医療現場のリアルさを追求しているコードブルーではありますが、実際に医療現場で働く人から見たらどうなの?と気になっている視聴者が多くいるようですね。

 

 

医療現場のことがまったくわからない一般の視聴者からすると、自分たちの気付かないところでおかしな描写や不自然な展開があるのでは、と考えてしまうこともあるようです。

そうすると実際に医療現場で活躍する人から見たコードブルーの評価を知りたくなってくるんですね。

 

確かにコードブルーを観ているとあまりに壮絶だったり大変なことが多いので、実際にこんな仕事をしている人たちがいるのか…と信じがたい気持ちになる瞬間もあります。

それくらいドラマティックな世界ではありますよね。

実際にそういった医療関係者のリアルな声を見ながらドラマを観賞するといった楽しみかたを見つけているツワモノもいるようです。

 

 

自分が見ているドラマやお気に入りのドラマはどうしてもその作品のクオリティの一般評価が気になるもの、特に医療現場という特殊な世界だとなおさらなようです。

 

コードブルーで医者がピアスしていいのという感想も

SNSでは、コードブルーのドラマ内で、緋山美帆子(戸田恵梨香)が勤務中もピアスを着用していることが話題になっています。

コードブルーの公式ホームページのキャラクター相関図の写真も緋山はピアスを着用しているものが使われているんですね。

 

視聴者の中では、

「医療現場で衛生面・院内感染を考慮して医師や看護師のアクセサリー着用はどうなの?」

といった疑問の声もあるようですが、それはもう過去の話で最近の医療関係者はピアスを着けている人も多く、指輪着用が可能な医院もあるようです。

 

確かに必要以上の装飾は不要かと思いますが、お堅いイメージの医療現場の人が少しお洒落にしているくらいの方が打ち解けやすい場合もあるのではないでしょうか?

少なくとも緋山のピアスはお洒落でカワイイという意見が多く、実際に緋山が着用したピアスを通り扱うアクセサリーショップにはたくさんの問い合わせがきているようです。

 

個人的には似合っていればいいのでは~?と軽く考えてしまうのですが、真剣に見ているうちに「これだからドラマは!」とついつい言いたくなってしまうのかもしれませんね。

 

Sponsored Links

コードブルーは医者から見てどう?医者目線の感想

実際に医療現場で働く人たちから見たコードブルーの意見をまとめてみたところ、思った以上に意見が分かれていて興味深いものがありました。

同じ医療現場でも様々な分野や立場があるので、意見もバラバラといった感じでしょうか。

 

主要キャラクターが若すぎる

 

医学部卒業までにかかる期間は6年間、ストレートで卒業し国家試験に受かると24歳で医療に携われる計算です。

そこから研修や、コードブルーのフェロードクターたちでもお馴染みの専修をあわせて5年ほど受けることになるので、立派な一人前の医師になるのは最短でも29から30歳くらいだと考えられます。

 

そういった現実問題からも、研修を終えてわずか数年の医師たちがまるでベテランの様に働いている姿に違和感を覚える医療関係者もいるようです。

設定上そこまで不自然な感じはしませんが、比率としてドラマに出てくるような優秀な若い医師に巡り合う確率は限りなく低いのでしょう。

実際に現場に身を置いているからこそ分かるリアルな声ですね。

 

医療現場のリアルな描写に感心

 

医療関係者の監修を元に誰が見ても楽しめる作品を目指してつくられている本作は、逆に一般の視聴者では絶対に気付かない細かい描写にもこだわっています。

実際の現場でしか感じられないニオイや、動きにこだわった演出は医療関係者も納得のリアリティがあるようです。

 

そういった意見を聞くと、いままで特別気にしていなかった言動すべて気になってきますよね。

細かいところにも注目することで、よりコードブルーを深く楽しめるかもしれません。

医療関係者ながらコードブルーはしっかり見れるという声もとても多くありました。

 

登場する医療関係者が美男美女すぎる

 

これは一般視聴者も思うことだと思いますが、とにかく美しい医療関係者が多すぎる!といったツッコミですね。

そして化粧や髪形もあそこまでしっかりセットしている医者はいない。という意見もありました。

 

確かに風邪や怪我で病院を訪れた際、山下智久さんや新垣結衣さんのような職員は見かけた事はありません。

でもそれって医療現場に限らず、どこでもそうですよね!絶対数が違うんだものー!

でもやっぱりドラマ作品として観賞するなら美しくて清潔感のある人たちの物語りが見たいじゃありませんか。

 

医療関係者の視聴者さんからは様々な意見がみられましたが、肯定的なものも否定的なものも凄く細部にわたって注目して観ている人が多いことに驚かされました。

リアルさを追求することとドラマとして魅せることの絶妙な塩梅が難しいところですね!

 

コードブルーを見て医者になりたいと思った人も!

コードブルーの影響で医者に大きな憧れを抱く人は少なくありません。

過酷な面を見てもなお、人を救う仕事の素晴らしさに魅せられる人はとても多いようです。

確かに多くの苦悩を抱えながらも目の前の命と向き合い闘い続ける登場人物は本当にかっこよくて尊敬に値します。

 

自分もこんな風に人の命を救いたい!と思い将来医療関係者になりたいなぁと感じることは多くの人にあるのではないでしょうか?

そしてそんな思いを貫いて、実際に医療に携わる立場になった方たちがいます。

 

コードブルーの影響でフライトドクターになったという太田黒祟伸さんと、フライトナースになった重山香織さん。

season1の放送当時、医大生だった太田さんはコードブルーの攻めの医療に憧れて救命の道を決めたのだとか。

フライトドクターとして働きだしてから、より共感できる場面も多く、悩んだ時や葛藤をかかえるとコードブルーから力を貰っているんだそうです。

 

多くの人に感動を与えるだけでなく、医療現場のリアルな現状を伝えるコードブルー。

ドラマ内に留まらず、実際に未来の医療関係者まで生み出してしまうところがすごいですね。

素晴らしい内容と影響力をもつコードブルーの力は日本の未来にも大きく役立っていると言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

コードブルーを医者や医療従事者の目線からみてどのような感想があるのかお伝えしました。

ツッコミどころがあったり、細かい部分が再現されていたりと、様々な声がありましたね。

1つのドラマの楽しみ方として医師・医療従事者目線の感想を見てみるのもコードブルーを深く楽しむためには必要なのかもしれませんね。

 

Sponsored Links

 

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。