コードブルー3で衣装ミス!山Pのつなぎが××

コードブルー3 衣装 ミス

この記事はコードブルー3で衣装ミス!山Pのつなぎが○○といったテーマでおおくりします。

 

ウザ男
コードブルーで実は山Pのつなぎが◯◯だったーとちょっとした話題になったみたい。
可愛子
確かに動画をみたときは、◯◯が気になり××になっていてびっくりしたわ。

果たしてコードブルー3でどんな衣装ミスがあったのか知りたい方は必見です。

今回はコードブルー3の衣装にまつわる話もお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

 

コードブルー3の衣装協力はどこ?

人気医療ドラマであるコードブルーでは、シーンに応じて様々な会社からの衣装協力を経て、よりリアルな世界を作り上げています。

医療関係者が監修を務め、本物の世界観にこだわったコードブルーでは衣装も大切な演出のひとつという事ですね。

実際に衣装ついてどのような反応があるのかと合わせてみていきましょう。

 

コードブルー3の衣装・緋山のピアスが注目されている

今回のコードブルーで多くの注目を集めているのが、戸田恵梨香さん演じる緋山美帆子が愛用しているピアス。

毎日のように変わるお洒落でさり気ないピアスは、「緋山先生らしいセンスの良さを感じる」と好印象のようです。

非常に忙しく日々時間に追われている医療関係者ですが、自分らしさを忘れずに、女性らしく身なりにまできちんと気を遣うところが緋山先生の完璧主義な性格をより表しているのではないでしょうか。

 

 

コードブルー3の衣装・白石のピアスも注目されている

また、生真面目で少しお堅い白石恵(新垣結衣)の通勤時にだけピアスをするスタイルも、実に白石先生らしいと好感触でした。

コードブルーファンの視聴者はキャラクターの性格を考えて細かい衣装・装飾品にまで注目しているようですね。

 

描かれていないキャラクターのプライベートな部分でも衣装から推測したり、想像する楽しさがあるようです。

いままで特別気にしていなかったシーンでも、そういった細かいところに注目すると新たな楽しみが増えてきます。

ドラマの登場人物とおそろいのアクセサリーって何故だかとっても欲しくなっちゃいますよね。

同じものを持っているだけで、不思議とより親近感が湧いてきます。

 

病院のシーンには欠かせない医療服

医療現場では決して欠かせないのが医療服です。一般的に白衣と言われて想像するようなロングコートのように羽織るタイプのものを「ドクターウェア」と言います。

このタイプの白衣は外来担当の医師がよく着用するタイプのもので、ボタンが引っ掛かりやすく長い丈が邪魔になることもある為、救命救急が舞台のコードブルーではあまり登場しませんね。

 

THE・お医者さんという感じがしてかっこいいドクターウェアですが、目まぐるしい救命の医療現場では実用性に少し欠けるようです。

コードブルーの主要キャラクターが一様に着ているのが、「スクラブ」というタイプの医療用白衣。半袖で首元がVネックになっているのが特徴です。

 

ゴシゴシ洗えるという意味でスクラブと名付けられたこの白衣は強く洗っても傷みにくく、また値段も手頃なことから清潔を重視する医療現場で大変重宝しています。

白衣と言っても白に限らず、ブルー・ピンク・グリーンなど多くのカラーバリエーションがあるのも魅力です。

 

オペの際に着用することが多いスクラブは、手術中長時間血液の色である赤を見続ける医師の目を錯乱させない為に緑や青などが用いられていることが多く、緊急を要する処置を正確に行うためにはスクラブの色はとても重要なものだったんですね。

最近では、その利便性の高さとカラーバリエーションから医療現場に留まらずエステサロンで使われることもあるのだそう。

 

コードブルー3ではKAZENという会社が医療着の衣装協力をしていて、スクラブに限らず、藍沢(山下智久)らがドクターヘリに乗り込む際に着用するフライトスーツや、看護師のカーディガンなども提供しているようです。

 

コードブルー3の衣装ミスが発覚!山Pのつなぎが・・・

今回のコードブルー3の第1話では、衣装ミスではないかと騒がれた問題のシーン。

実際はどうだったのでしょうか?

 

第1話では更なる高みを目指して以前と同じ翔北病院内の脳外科医として勤務していた藍沢。

この時、脳外科では黒いスクラブを常に愛用していました。

 

そして救命の人手不足のため急遽駆り出された藍沢は現場へ急行します。

七夕まつりで山車が倒れて起きた事故では重軽傷あわせて7~8名の負傷者が。壁に挟まっていた子供をなんとか救助し、ドクターヘリで病院に向かいます。

 

治療をうけた息子の痛々しい姿に病院に駆け付けた父親が一言「ごめん…」とつぶやくのでした。急な仕事で一緒に行けなかった七夕まつり、自分がついていればこんなことには…と悔やんだのでしょうね…

後悔する父の姿を見つめる藍沢、そして父親の消え入りそうな謝罪の声の後に七夕まつりでの息子の所持品が血で染まっているカットが入ります。と!ここまでが問題のシーンまでのいきさつ。

 

 

そしてこの直後に映った藍沢が黒のスクラブを着ていた為、藍沢が緑色の手術着からのスクラブに高速着替えしている!と指摘が上がっているんですね。

 

まず藍沢先生に限らず救命のスタッフは手術用の緑色のスクラブを着て手術を行います。

このことからも問題のシーンは事故にあった少年の処置の直後だったと考えられますね。そこへやてきた少年の父親に「どうぞ…」と椅子を貸す藍沢、この瞬間にはもう脳外科で普段着用している黒のスクラブに変わっています。

 

考えられる自然な流れとしては、事故にあった少年に会いに訪れた父の悲しむ姿を治療直後の藍沢が見つめていて、少年の血に染まった荷物のカットは入り、またICUの場面に戻った際には実は先ほどの場面から少し時間が経っていて着替えを終えて再びICUに訪れた藍沢が椅子を貸した。という感じではないでしょうか?

 

コードブルー3の衣装ミスの原因は?

医療ドラマ特有の細かいカット割りに加えて、専門的な難しい設定も多い本作で、ついつい衣装ミスが発生したとしても不自然なことではありません。

「こういう場面ではこの衣装」、という縛りがふつうの私服ドラマに比べて明確なため少しのミスも余計に目立ってしまうんですね。

 

例えば、緋山先生は以前産婦人科にいた時はピンクのスクラブにドクターウェアを羽織っていましたが、救命に戻ってきた現在はブルーのスクラブに変わっています。

産科医の緋山先生のスタイルはとても人気が高く、今回ピンクのスクラブはもう登場しないのか…と残念がる声が多数あがっています。

 

また、藍沢先生は脳外科では黒のスクラブを着用していましたが、救命ではブルーのスクラブです。

黒のスクラブもかっこいいけどブルーのスクラブを藍沢先生が着ていると嬉しい、などの意見があり視聴者はキャラクターの衣裳から展開を読むこともある位コードブルーでの衣装は重要な役割を果たしています。

 

こういった細かい設定と、複雑に入り組む内容が合わさってもしかしたら衣装ミスが起こってしまったのかもしれません。

しかし前述のとおり、多少カット割りの時間は短いものの手術着を着ていたタイミングから少し時間が経っていた、と考えると衣装ミスではなかったのではないかとも考えられます。

 

コードブルー3の衣装ミスへの感想は?

season1の放送から数えると実に9年の時をかけて愛されてきたコードブルー。その歴史からファンの期待もどんどん大きくなってきていると思います。

そんな期待の気持ちからついつい厳しい目で見てしまうのではないでしょうか。

 

裏返せば、そんな細部にわたってじっくり見ているファンがたくさんいるという事。Twitterなどリアルタイムでの声の多さはコードブルーの注目度の高さがうかがえます。

人気ドラマであるからこそ完璧な世界観を求める視聴者が多いのでしょう。

 

コードブルー3で衣装ミス!山Pのつなぎが××まとめ

コードブルー3でも衣装ミス。

しっかり注意深く見ているファンには疑問に思うシーンだったのかもしれません。

 

しかし、どんな世界にでも人気にバッシングはつきものです。

今回の衣装ミスは本当に衣装ミスなのか怪しいところがある気のせい程度のものなので個人的にはこれからも変らずコードブルーの世界を期待しています。

 

コードブルーシリーズで山下智久さん演じる藍沢関連の記事はこちら

コードブルー藍沢の生い立ち!母親おばあちゃん父親との関係性まとめ

コードブルー藍沢が脳外科に行ったのはなぜ?3つ理由を解説

コードブルー藍沢の癖は指先を見る&手をいじること?山Pの癖は?

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。