櫻子さん(ドラマ)ネタバレ感想1話!原作との違いにファンの反応は?

櫻子さん ドラマ ネタバレ 感想 1話 原作 違い

本記事は櫻子さん(ドラマ)ネタバレ感想1話!原作との違いにファンの反応は?といったテーマでおおくりします。

 

前評判では原作が人気なだけに割れそうな予感がある櫻子さんの足下には死体が埋まっている。

観月ありささんの30回目の連ドラ主演作品という節目のドラマになりますが、果たして視聴率の方はどうなのでしょうか?

気になる初回1話のネタバレをお届けします♪

 

Sponsored Links

櫻子さん(ドラマ)のネタバレ

いくぞ少年!

館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が仕事をしていると磯崎(上川隆也)が植物に罵詈雑言を行ったり褒めたりしている。

不思議に思っていると志倉(新川優愛)や谷上(近藤公園)が説明をしてくれる。

 

館脇はなんとなく就職してる現状にこのままでいいのかと思う。

すると、杉森館長(渡辺憲吉)が九条(観月ありさ)のところにいって欲しいという。

何かと理由をつけて拒否する館員たち。

結局館脇がいくことに・・・

館員たちから御愁傷さまと言われる館脇はその大変さに気づいていなかった・・・

 

九条のところにおそるおそるやってくる館脇。

「あの自然の森博物館のものです」と声を出すと沢梅(鷲尾真知子)が立っている。

恐ろしいただずまいにビビる館脇。

 

九条のところに案内される。

挨拶をするが、無視される館脇。

沢梅が自然の森博物館の人しか来ないから挨拶不要であると説明し、名刺を引き抜くようにもらう。

館脇はゼリーを振舞われる。九条は標本士。日本では資格がないかドイツに留学していたという。

 

骨を持ってやってくる九条。館脇は背を向けると怒られる。

建前で褒めるとまんざらでもない九条。

突如、骨と館脇を交互に見つめ、館脇の前に立ち、「この狐がいたところに案内しろ!」と出ていってしまう!

慌てた沢梅は九条を追うように館脇を急かす!

「いくぞ少年」と九条。

 

 

死体が埋まっている・・・

電話する館脇。九条が車の中でHR/HMを大音量で流しているため声が聞こえない・・・

館員から色々とお願いごとをされる館脇。

 

九条はどんどん奥に進んでいく。

写真を取りつつも九条についていく館脇。

九条が「おおー」というと、目の前にあるものを見てビビる館脇。

目の前には白骨死体が・・・

 

九条は狐の骨の中に人間の骨が入っていることからこの場所にきたのだった・・・

狐の骨の中に人間の骨が紛れていた原因を話す九条。

 

館脇が電話しようとするが、じっくり観察してからと館脇の携帯を投げ捨てる。

 

警察がくると、骨の状態から白骨化までの時間や性別、年齢、利き腕などを話す九条。

警察が運転免許証を見ると見事に性別、年代が当たっている・・・

二人は署まで連行されることに・・・

 

館脇は関係ないですよねというが・・・

遺体は館脇が住んでいたマンションの住人・三島多香子であることがわかる!!

疑われる館脇・・・

 

 

キレる館脇

自転車を倒してしまい、三島に助けてもらう館脇。

三島の部屋でお茶をご馳走になる・・・

〜回想〜

 

三島の部屋を捜査する山路刑事(高嶋政宏)たち。

九条は遺体の歯がピンクだたのは窒息死によるものだと説明。

歯の毛細血管が窒息の影響で切れヘモグロビンが浸透したものだと話す。

 

2年前三島の婚約者の会社が計画倒産したのではという話をする山路。

三島はハーブ専門店を運営していたが、会社の金が回っていたのでは?という噂もあるという。

 

三島は悪いことをするような人でないという館脇。

それは先入観だと話す九条。

人間に興味を示さず骨にしか興味を示さない九条に対して「もういいです!」と怒りをあらわにする。

しかし、九条は館脇こそ三島の骨をみたときに、三島と思わずに気持ち悪がっていたことを指摘する・・・

 

事情を知らない館員たちが話かけ動物の死体の話をすると・・・

「動物と一緒にしないでください!!」と怒鳴る館脇。

 

磯崎は他のか人が帰ったあとに怒っている方の植物を罵倒していいという。

館脇が罵倒すると磯崎は「間違えた!褒める方だった!」と言い出す・・・

褒めるように急かされる館脇は「スタイルだけはいい」と九条のことのようにを褒める。

「わからないでもない」と磯崎。自分は植物のことを本当はわかっているようでわかっていないのかもしれないという・・・

 

翌日、三島のことがテレビでニュースになってしまう。

 

 

「骨が全てつながった」

館脇は九条に頭を下げて、真実を知りたいという館脇。

報酬はカモノハシだという九条。

館脇はなんとかするという。

 

捜査をする九条。

情報を集めるが・・・

「骨がまだたりない」という九条。

現場の写真を要求する。

すると「最後の骨を探しにいくぞ」という。

 

磯崎に話を聞くと、現場にあった植物は、多年草であり、1つだけあるのはおかしいという。毒がある植物であり、危険であることがわかる。

 

考える九条。

「骨が全てつながった」といい、ひとり歩き始める。

 

 

花言葉は◯◯

三島多香子の部屋に妹とともにやってくる。

九条は「私は何もできなかった」という妹の発言に不信感を持つ。

九条は妹が妊娠していることを推理する。

 

「そんな誰が」といったことを指摘し「藤木がやったんだな」という山路。

「はあ?」という九条。

「三島多香子は誰かに殺されていない。自殺したんだよ」という。

 

三島多香子の部屋にベラドンナだけないことやベラドンナが事件現場に生えていたことから説明がつくという。

 

多香子の妹は多香子の婚約者・藤木と不倫をして子供ができていたのだった・・・

 

 

「こんなの酷すぎます」という館脇。

しかし、九条は「三島多香子は勝ったのかもしれない」と話す。

「大切な人を自分たちが死においやったという重い十字架を背負うのかもしれない」という九条。

そんなわけないと、生きていた方がもっと楽しいことがあったという館脇。

 

ベラドンナの花言葉は沈黙。

「三島多香子は死を選んだ。それを知るすべはない」

残された人の記憶となって重くのしかかっていくことを説明する九条。

「死とはそれほど圧倒的なものなんだ」と館脇の目を見て告げる。

 

もっと彼女と話がしたかったと館脇は悔しがるのだった・・・。

 

・・・・

その後、やはり、ベラドンナの成分が多香子の衣類から発見されたことがわかる。

 

館脇はカモノハシはだめだったが、スイーツを九条に差し入れ。

機嫌をとることに成功する。

 

「ところであの青年正太郎さんでいうんですね」と沢梅。

九条は反応せず窓際でただずむ・・・

 

Sponsored Links

櫻子さん(ドラマ)1話の感想は?

https://twitter.com/K2_muchukoi_TF/status/856161386862268416

https://twitter.com/maricha79999559/status/856161332852170754

感想としてはドラマとしてのクォリティはいいとの声もありますが、やはり原作やアニメファンの方からは結構厳しめの声が多数ありました。

特に設定の変更がなかなか厳しいという声が多いようですね・・・

 

初回に櫻子が『先入観』という言葉をよく使っていましたが、それはアニメや原作という『先入観』にとらわれず見て欲しいというテレビ局や製作者のメッセージなのかもしれません・・・

 

Sponsored Links

まとめ

評価が割れた初回になりましたが、裏を返せばそれも注目されている証ということでもあります。

これからどのように展開していかが楽しみなドラマなのではないかと思います。

1週間が長く感じますが、次回を楽しみに待ちましょう♪

 

1話の動画を無料視聴したい方はこちら

櫻子さん(ドラマ)動画1話(初回)を無料で見逃し視聴するならコチラ

 

ロケ地、キャストなどの情報はこちら

櫻子さんのドラマ版キャスト配役が原作と違うと低評価? ロケ地は原作通り旭川?

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。