櫻子さん(ドラマ)動画2話を無料視聴するならコチラ!

櫻子さん ドラマ 動画 2話 無料視聴

本記事は櫻子さん(ドラマ)動画2話を無料視聴するならコチラ!といったテーマでおおくりします。

 

原作のドラマ化、アニメからの実写化とファンからのハードルの高さがあるドラマ・櫻子さんの足下には死体が埋まっている。

1話は思いのほかいい反響が多かったようですが、2話はどうなのでしょうか?

今回はSNSを見ると「結構好きな回」という反応も多いようです!

どのように実写化されるのか楽しみですね。

 

櫻子さん(ドラマ)の2話の動画を無料で見逃し視聴する方法

ドラマ・櫻子さんの足下には死体が埋まっているの2話の動画を無料視聴するのにおすすめなのは、FOD(フジテレビオンデマンド)です。

FODはフジテレビ公式のオンデマンドサービスなので、違法動画の心配は全くありません。

 

フジ系のドラマが好きだったり、月9をいつも見ている方はこちらを登録しておけば、見逃しても安心です!

さらに、yahooIDを使って登録すれば31日のトライアル期間で無料で櫻子さんを見れてしまいます。

観月ありささんが過去主演を務めて話題になった『ナースのお仕事』も無料で見れてしまうのでFODはおすすめですよ!

櫻子さんの2話の動画を今すぐ無料で視聴する

※配信期限があるドラマですので、視聴を検討している方はお早めにご視聴下さい 

 

櫻子さん(ドラマ)2話前の感想は?

https://twitter.com/misa_TFxxx/status/858645050183385089

https://twitter.com/taiskpko/status/858644812076994560

やはり本日もキスマイの藤ヶ谷さんファンの方のつぶやきが多いみたいですね・・・

1話をやっと見れた〜という反応があったりと今期はドラマが豊作とも言われていますので、確かに忙しい中たくさんのドラマをみていたりすると大変そうです。

特に裏番組の小さな巨人とどちらを見ようか迷っている方も多いのではないでしょうか?

一方で、キャスティングに原作愛を感じられないという厳しい意見もありますが・・・これからどのように盛り返していくのでしょうか!?

 

櫻子さん(ドラマ)2話のあらすじ

 九条櫻子(観月ありさ)の邸宅に招かれ食事を終えた館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)は、立ち寄ったコンビニの前で幼い少女を見かける。

深夜だというのに、少女はパジャマ姿で素足のままで、何を聞いても要領を得ない。親の姿もなく交番も遠いため、正太郎は山路輝彦(髙嶋政宏)に連絡を取ると、ひとまず少女を櫻子の邸宅に連れ戻る。

その後、山路と近藤卓也(細田善彦)がやって来るが、少女は、直前まで合コンをしていて酒臭い山路を嫌がり、なぜか櫻子になつく。櫻子は、少女が過去に左手を骨折していたが、適切な処置がされていなかったことを見抜く。さらに、背中には引っかいたような跡も残っていた。

翌日、櫻子、少女と出勤した正太郎は、磯崎齋(上川隆也)志倉愛理(新川優愛)らに、身元が分かるまで少女をここに滞在させてほしい、と頼む。

少女は、博物館の骨格コーナーを見て回ると、クジラの標本に目を輝かせる。櫻子は、クジラの巨体さえも一切の無駄なく支え動かすことのできる骨の素晴らしさを説明。少女も、興味を示す。

その頃、近藤が少女の身元を突き止めた。正太郎は、櫻子、愛理とともに、柚胡香という少女の自宅へ向かうことに。

正太郎は、山路らを待ったほうがいいのでは、と言うが、櫻子は呼び鈴を押す。返事はなく、ドアの側には鍵が落ちていた。不審に思った櫻子がドアノブを回すとドアが開き、中から異臭がした。驚く正太郎に、櫻子はこれは血の臭いだと言い…。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/story/index.html

 

櫻子さん(ドラマ)の2話を録画し忘れたら・・・

櫻子さんのドラマを録画し忘れてしまったら、FOD(フジテレビオンデマンド)がおすすめです。

違法動画のような危険性もありませんし、Yahoo! Japan IDを使って登録すれば31日間は無料で視動画を視聴できちゃいます♪

今すぐ視聴したい方はこちらからご覧下さい^ – ^

櫻子さんの2話動画を今すぐ無料で視聴する

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。