グラメ最終回感想ネタバレ!ドラマの内容や見逃し無料視聴方法は?

グラメ 最終回 感想 ネタバレ ドラマ 内容 見逃し 無料視聴
Sponsored Links

剛力彩芽さん主演のドラマ・グ・ラ・メ〜総理の料理番〜の最終回は9月9日(金)23時放送です。

 

 

前回では古賀が主席秘書官をやめるという大波乱で幕を閉じました。

その中で、グ・ラ・メは最終回を迎えます。

今回は阿藤おろしが激化する中、くるみの最後のメッセージは一体どのようなものになるのでしょうか?

 

この記事では「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」の最終回のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

グラメ7話の感想ネタバレと見逃し無料視聴方法!古賀が料理!?

 

グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回のあらすじ

グラメ 最終回 感想 ネタバレ ドラマ 内容 見逃し 無料視聴

「阿藤おろし」の風潮が激化する中、すっかり会食も減り、一木くるみ(剛力彩芽)は時間を持て余す日々を送っていた。

そんな中、巷で絶大な人気を誇る日本進憲党の議員・氷室誠之介(葛山信吾)が阿藤一郎(小日向文世)と“官邸グラン・メゾン”を真っ向からバッシング。

次期内閣総理大臣を目指すことを記者たちの前で宣言する!

 

そんなことを意に介す様子もない阿藤は、マスコミに官邸グラン・メゾンを公開するため、記者を官邸に招待。

しかしその日、阿藤は体調不良を訴え、記者たちの面前で倒れてしまう!

 

総理の健康不安から内閣支持率はさらに急降下。

与党の重鎮からも政権維持を不安視する声が上がる中、氷室は再びカメラの前に立ち、「自分を官邸グラン・メゾンに招いてほしい」と直接会談を申し出る。

“いよいよ史上最年少総理大臣の誕生か”とマスコミは色めき立ち、くるみは阿藤と氷室の会食に向け、準備を開始する!

 

その矢先くるみは、古賀が連日大物政治家と密会しているという週刊誌の記事を目にする。

古賀までもが阿藤の退陣を画策しているのかとがく然とするくるみに阿藤は「僕はいまが潮時なんだよ」と意味深長な発言を…。

果たしてくるみは阿藤と氷室の会談を成功させることはできるのか? 官邸料理人・一木くるみが最後のひと皿に込める思いとは?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/gurame/story/0008/

グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回の見逃し、無料視聴のおすすめ方法

グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回を見逃したなら無料視聴でおすすめなのが、テレ朝キャッチアップです。最新話は放送から約1週間ほど無料で見ることができます。

 

しかしながら、ドラマでよくあるのが、伏線が回収された時に過去の話が気になること!

最新話より前の話を見返したいという方におすすめなのはU-NEXTです。

 

U-NEXTなら31日間無料トライアル期間があり、期間中は月額がかかりません。

最新ドラマはポイント制ですが、ポイントが600円分ついてきますので、すぐにみることができます。

 

それ以外にも無料期間中なら見放題の映画や過去のドラマもありますので、ドラマ好きならこの機会に登録しておいて損はないでしょう。

>>登録はこちら

 



グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回のネタバレ

会食がめっきり減った為、くるみはやることがなく、清沢の厨房で皿を洗っていた。

清沢は官邸料理番を降り、グラン・メゾンを廃止するよう進言する。

巷では、日本進憲党の議員・氷室誠之介は阿藤内閣とグラン・メゾンを批判し、「次の内閣総理大臣を目指す」とマスコミに宣言する。

そんな中、阿藤はマスコミに官邸グラン・メゾンを公開を決定、くるみは喜ぶ。

 

しかし、グラン・メゾン公開時、阿藤はマスコミの前で倒れてしまい、阿藤内閣の支持率が低下し、与党の重鎮から不満の声が出る始末。

くるみ達は総理に料理の差し入れをする。医師によると、疲労蓄積による貧血らしく、明日から復帰すると言う、阿藤。

 

病院からの帰宅する途中、一木は優子から週刊誌を見せられる。そこには、古賀が阿藤下ろし疑惑の記事があった。

官邸に戻ったくるみの前に清沢が現れ、「料理はいつも真実しか語らない。しかし、それを食す彼らの言葉は真実とは裏腹の意味を持つ」と言い放ち、グラン・メゾンの存在の存在の価値を問う。

 

一方、阿藤が倒れた事を聞いた氷室は「事態は逼迫している。私をグラン・メゾンに呼んで私の話をしっかりと聞いて下さい」と挑戦状を叩きつける。

 

その日の夜、阿藤は「氷室を一週間後にグラン・メゾンに招待するから料理をお願いしたい。すべて君に任せる」とくるみに言い、彼女は承諾する。

阿藤は去り際に「僕はね、今が潮時なんだ」とにこやかに言う。

 

くるみは例の古本屋で阿藤と氷室関連の資料を読み漁り、二人の経歴がまるで逆だということを知り、その後、くるみは何故か雲隠れしてしまう。慌ててくるみ探す田村だが、どこにも見当たらない。

 

その頃、くるみは料亭で女中をしていた。週刊誌の写真から古賀の居場所を突き止め、来るのを待つためだった。

くるみは古賀が阿藤おろしに加わっているのかと尋ねると「新しい細胞を取り込み常に進化していかないと国は衰える。古くなったものは自ら去るべきだ」彼は言う。

 

翌日、くるみは氷室の講演会に参加し、彼に「好きな食べ物はなんですか?」と尋ねると、彼は「食事をする1分1秒が惜しい」と言う。

公演後、差し入れられたおにぎりを、食べている暇はないから処分しろを言い放つ。

今までの思いが交錯し、くるみは何を作るかを決める。

 

慌てて食材を持ち込むくるみに、優子達報道陣に「阿藤総理をやめさせる料理をつくる」と、くるみ。

焦る田村の前に現れ、料理を作り始める。

「君はほんとに僕を振り回すよねぇ」とぼやく田村にくるみは、思わず苦笑い。料理が完成し、ハイタッチするくるみと田村。

 

そんな中、氷室が官邸に現れる。

「今日ははっきりと退くか退かないかを話し合わないか?」と言う氷室に、「君ならそれが出来ると?」と、阿藤。

そこに、くるみ達が料理を持ってくる。

メニューは、「ガチョウのコンフィ~蓮の実のリゾット添え~」。

「コンフィとは硬い肉をゆっくりと低温で火を入れて柔らかく仕上げる調理法です」とくるみは説明する。

氷室は「この料理のメッセージは硬い頭の若造はゆっくりと火を入れないと使いものにならないという意味でしょうか」と尋ねるが、くるみはあっさりと否定。

「この料理には耳の聞こえと目を良くする効果がある」と切り出し、阿藤に「今が潮時、です」と発言、阿藤はそれに「そうだね」と答える。

氷室は阿藤が退陣を表明したと解釈したが「私はやめる気は一切ありません」と言い切る。

「自分で潮時と認めた」という氷室だが、くるみが「潮時は本来終りと言う意味ではなく今が丁度良い時期。阿藤総理は今が丁度いい時期という意味です」と言い出す。

阿藤は「この料理のメッセージは君にも当てはまるのではないか。君を担ぎ出し、氷室新党結成の動きがある」事を言及する。

そこに、古賀が現れ「福井先生が政界を引退、後の事は阿藤総理の支持に回るという署名入りの手紙を預かった」と知らせる。

動揺する氷室に、経済三団体のトップが阿藤路線の継続を指示の報せ、更にはネプチューンコーポレーションのリー会長、ホワイトハウスのアリー大統領主席補佐官が阿藤総理との関係強化に意欲を示す声明をを発表。

古賀は「これが阿藤改革です」と氷室に伝える。

阿藤は「君がどれだけ優秀で、国のために働いているかがわかる。だからこそ、政治家にとって大事な志を守れるのかを考えて下さい」と氷室に訴え、

くるみは「蓮の実の種には千年経っても発芽出来る生命力があリ、蓮の実のおかゆには志を強くするという説があると割れています」と、付け加える。

全ての意図を知った氷室は「私はまだまだ総理の大きさには敵いません。これからもご指導の程をよろしくお願いします」と進言。

阿藤は「折角ですから私の料理人の作った料理を最後まで味わいませんか」と二人でテーブルに付く。

氷室は、くるみに「私は料理はしっかりと味わうことを長い事忘れていた。ありがとう。美味しかったです」と告げる。

マスコミの前で、氷室は「今度一緒に総理とキャッチボールをしようと約束したので是非取材して下さい」と去って行く。

マスコミが「阿藤続投だ」と色めく中、優子は「また、官邸グラン・メゾンでなにかが起こった」とつぶやき視線を移すと、そこに理子の姿があった――。

「今日のあの料理は私を試したのかい?」と聞く阿藤に「はい。総理を信じていました。料理煮込めたメッセージを受け止め、必ず乗り越えてくれると」と答えるくるみに「君は本当に人が悪いね」微笑む阿藤。

 

後日、清沢は「総理専属の官邸料理人になってもらいたい。立場上、彼女の発言は許されない。彼女は解雇する」と知らされる。

くるみは、清沢の厨房で彼の帰りを待っていた。

「お前は官邸の都合で使い捨てられた」と意う清沢に「そんなに悪いことじゃない。今回の会食が成功したのは清沢さんのおかげです」と言いながら、清沢に「若鶏のソテー 総理官邸風」を出し、「どうぞ、お召し上がり下さい」と料理版のバッヂを添え、その場を後にする。

「見た目から王道を逸脱している」と言いつつ、料理を口にする清沢。しかし、味は清沢の同じ味。

しかし、基本のレシピを守りながら変化が加えてあった。

 

「変化することも悪く無い。そういう事か」と言いながら食べ進める、清沢。その胸元には、官邸総理番のバッヂが輝いていた。

 

その頃、田村は綺麗に片付いた厨房を見て、くるみが去ってしまった事を悟る。

阿藤が解雇する前に退職届けを出し、くるみは1人で引き受けていったと、阿藤。

いつでも呼び戻せるという古賀に、私がまた追いつめられた時かなと阿藤は漏らす。

くるみはパスポートを手に、永田町を後にしたのだった――。

 

グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回のネタバレまとめ

  1. マスコミにグランメゾンを公開する時、阿藤が倒れてしまう
  2. 阿藤内閣不信の中、日本進憲党の議員・氷室誠之介が時期首相を狙うと公言する
  3. しかし、氷室は神輿に担ぎ出されていただけだった
  4. 古賀はやめていながら、陰から阿藤を支えていた
  5. くるみは、すべてを1人で引き受け、静かに官邸を去っていった
Sponsored Links

グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回のみんなの感想まとめ



グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回の視聴率

グ・ラ・メ〜総理の料理番〜・最終回の視聴率は5.6%でした!

Sponsored Links

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。