ドクターX4の7話再放送は?ネタバレと集団行動メイキング動画

ドクターx4 7話 再放送 ネタバレ 集団行動 メイキング
Sponsored Links

米倉涼子さん主演のドラマ・ドクターX〜外科医・大門未知子〜の第7話は11月24日(木)21時放送です。

 

今回は日体大指導の元、集団行動があったりと話題に回になりましたね。

「御意」にも拍車がかかりオープニングからかなり面白いかった7話のネタバレをお届けします。

 

 

この記事では「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第7話のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

ドクターX4の6話で蛭間がPPAPwwwメロンペンが話題!ネタバレ感想

ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第7話のあらすじ

ドクターx4 7話 再放送 ネタバレ 集団行動 メイキング

誰の厚意か「神原名医紹介所」に、“耳が聴こえないピアニスト”として人気を集める七尾貴志(武田真治)のリサイタル・チケットが送られてきた。

所長の神原晶(岸部一徳)は疑心暗鬼になりながらも、大門未知子(米倉涼子)を誘って会場へ。そこで、チケットの送り主が七尾のアシスタント・七瀬由香(知英)だったことを知る。

高校生の時に患ったおたふく風邪が原因で、左耳だけ聞こえなくなった由香は、かつて七尾のピアノ演奏に背中を押されたうちの一人。

七尾の耳が治ればもっと素晴らしい演奏をしてくれるはずだと信じ、日頃から治療法や医師をチェックしていたのだ。

 

「七尾の耳を治してほしい」という由香の訴えを受け、未知子は「私が執刀します」と快諾。

晶はさっそく、未知子が執刀医という条件付きで、この患者を「東帝大学病院」に持ち込む。

ところが、七尾は世界から注目されるピアニストだ。

当然、手術も注目の的になるとにらんだ病院長・蛭間重勝(西田敏行)の差し金で、七尾の手術はスーパードクター・北野亨(滝藤賢一)が担当することになってしまい…!

 

そんな中、未知子は由香の行動を見て、どうにも拭えない違和感を覚える。

一方、北野から最新の人工聴覚機器を使った画期的な術式を提示された七尾は、どういうつもりか「手術は受けない」と言い出し…!?

https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0007/

ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第7話の再放送情報や見逃し視聴のおすすめ方法

再放送は関東地区のみで、通常翌週の午後3時ごろからの放送になっています。

仕事がある方は見れない時間帯ですし、関東圏のみなのでそれ以外の方は見ることができません・・・

しかしながら、今はオンデマンドサービスが充実しており、違法動画ではなく公式に視聴することが可能です。

 

ドクターX〜外科医・大門未知子〜(4期)・第7話を見逃しても視聴できるのはU-NEXTです。

 

U-NEXTなら31日の無料トライアル期間に加えて最新ドラマにかかるポイントも600ポイント分ついてきちゃいますので、今すぐドクターXを見ることができます。

ドクターXを今すぐ観たい方はこちら↓↓↓



ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第7話のネタバレ

耳の聴こえないピアニスト七尾はピアノに向かう・・・

「ねえ、ねえ〜」と未知子は神原の袖を引っ張る。

「ん〜、なに〜」と怪訝そうな声で未知子に答える。

「帰りに焼肉」

「わかってるって」

「特上カルビ」

「わかってるって!シッ!」と未知子に黙るように促す。

未知子は目を見開きながら「あ、どこの店行く」と雰囲気を読まない・・・

「んー!」と肘打ちを喰らわせる神原。

・・・

七尾の演奏が始まる!

「信じられる?彼耳が聴こえないのよ」

七尾のプロフィールを眺める未知子。

「自分が演奏している音が聴こえてないの、信じられる?」

・・・

「七尾貴志、まさに奇跡。未知子何か感じたでしょ?」

「特上カルビ」と答える未知子に、「なに言ってんの、もう」と神原は呆れる。

そこに七瀬が声をかける。

「すいません、あの・・・」

「神原名医紹介所の?」「来てくださったんですね」と七瀬。

神原は名前もない招待状に疑心暗鬼だったと話す。

七瀬は七尾のアシスタントだと自己紹介をする。

 

「よかったら本人に紹介したいんですけど」

喜ぶ神原。未知子はそれよりカルビの方が気になるようだ・・・

 

神原は待っている間、七尾のプロフィールを読み上げる。

そこに、七尾がやってくる。

「ブラボーです!」と神原がいうと、「ありがとうございます」と七尾から返され、「聴こえてる?」と未知子。

七尾は読話という方法によって唇の動きだけで大体言っていることがわかるという。

「それに私の場合は生まれつきではないので、言葉の発音は・・・」

と話す。

耳では聴こえないが、私の頭では音がなっているという。

神原はミスタッチした時も頭の中では間違った音がなるのかと話すと、それを認めながらも

「でも、私ミスしないので」

と七尾はいう!

思わず、神原は未知子の方を見る・・・

 

「ところでゆかちゃんこちらの方々は?」

「お医者さんです。七尾先生の耳治してください」と七瀬は説明する。

「わかりました。私が執刀します」という大門。

 

そこにマネージャーの安原がやってくる。

「ちょっとした知り合いで」と話す七尾。

サインをして早急に立ち去る・・・

 

「ブラボー、未知子特上カルビ好きなだけ食べさせてあげる!」

「本当!ブラボー」

 

・・・

「部長、内科の奴らです」

「外科は外科の道を行く」と道を譲る気はない西園寺。

「御意!」と医師たち!

・・・

「部長、このままいくと衝突します」

「怯むな、すべての道は内科に通じる」と黄川田。

「御意!」と医師たち!

 

「前へ〜、進め!」と黄川田!

「御意!」と医師たち!

 

「前進あるのみ!」

「御意!」と医師たち!

 

病院の入り口付近で集団行動のごとくクロスする内科・外科・・・

そこに未知子が入ってくる・・・

 

・・・

 

「もうやってられません!」

と英語で話しながら北野が蛭間の元を訪れる。

「どうした」と英語で答える蛭間。

「アメリカでは私の価値が認められていました」と北野。

北野はアメリカで評価されている私がここでただのローテーションドクターになるためにここに呼ばれたのではないと訴える!

「ここ日本だから」と蛭間。

北野は天を仰ぐ・・・

そこに西園寺が慌てて入ってくる。

「医院長の前に僕でしょ!」と西園寺。

「外科部長の僕の頭を超えてどうして!」と大きな声を出す。

その方が合理的だからと話す北野に「ここは日本です!」と西園寺は大きな声を出す!

 

「お取込み中失礼ですが、どんなお取込み中はかは存知ませんが・・・」

と神原がやってくる。

ダメですアポを取ってくださいという白水を押しのける神原。

「柔軟に取り入れるのが日本文化のいいところ」

「私どもから患者の持ち込みを」という神原。

七尾のことを話す。

 

北野の執刀をと話す蛭間だが、「ダメです」と神原は直接の依頼であるため、未知子に執刀させるという。

「ダメです」という蛭間。世界的に有名な患者をフリーランスに切らせることはできないというのだ・・・

 

「またそれですか?」

「では他の病院に持ち込むということで」と神原。

神原がプロフィールを下げようとするが、蛭間は離さない・・・

「じゃあこうしましょうか、この患者買い取ります。御宅の言い値で」と条件を出す蛭間。

「ありがとうございます」と神原。

メロンは後日で・・・

「いいねって、いいねー」と神原はスキップする。

 

神原は強引に蛭間から取られてしまったという神原。

城之内は「だったらその患者、蛭間先生に高値で売りつければよかったじゃん」という。

「え・・・」と神原は飲みのもを飲み目を瞑る・・・

「博美ちゃん、さすがのアキラさんでもそれはないわ」

「そんなうりかいするような」

「残念、残念」と神原は冷静にいう。

「ロン」「三暗刻ドラ三」と未知子。

「未知子なんか不満でもあるの?」

「ロン、ロンロン」と未知子は不満そうな顔だ・・・

 

・・・

北野は七尾のCTを見つめている・・・

ため息をつく北野・・・

その様子を原が眺めていた・・・

「ん!ん、ん!」と咳払いをする原。

「なに?」と不機嫌そうな北野。

原は北野のアメリカ時代の輝かしいオペの記録を見たが耳の疾患に関するオペの実績は一度もないと話かける・・・

「だから?」と北野。

「もしあれだったら、外部から専門のドクターを呼ぶこともできますけど・・・」

心配はいらないという北野。

「だったらいいんですけど・・・」と原。

「そのことをわざわざ?」と北野がいうと「いえ」と席を立つ。

「すいません。ノープログレム」と言い去っていく・・・

原が去ると書類を叩きつける北野!英語で「このヤロー」とつぶやく・・・

 

・・・

未知子は七瀬が道に迷っているのを発見すると七瀬がひかれそうになる!

間一髪助ける未知子。

 

「もしかしてあなたも耳が?」と未知子。

七瀬は高校の時におたふくで左耳が聞こえないという。

実は右後ろから声をかけたことを話すと風邪気味であるという。

七瀬は今日は七尾の検査だから自分も行きたいと話すと、

「今日検査なんだー」と未知子。

自分は執刀医を外れたと伝える。

驚く七瀬。

 

七瀬が病院に来ると今日の検査はなくなったところを知らされる・・・

疑問に思う七瀬・・・

 

そのころ、七尾は自宅で練習をしていた。

 

七瀬と卓球をする未知子。

七瀬の圧倒的強さにボコボコにされてしまう・・・

 

「高校二年まで卓球部でした」と七瀬。

卓球は音で球種を判断するという。

耳が聞こえなくなったときに七尾のピアノに勇気をもらったという。

「先生なんで検査にこなかったんでしょう」と七瀬。

先生は検査を受けてダメと言われるのが怖かったんだと思うという。

 

検査を勧めたが嫌だといわれたと話す七瀬。

七尾は検査は必要ないといったという。

「必要ない?」と未知子はおうむ返しする。

 

未知子は「もう1ゲームしようか」というが、七瀬は耳を抑え「風邪気味だから疲れちゃったのかもしれない」という。

 

・・・

神原名医紹介所では未知子を待ちながら3人で麻雀をしていた。

未知子はパソコンに向かっている・・・

七瀬の状況を話す未知子。

最近は右側の聴力も下がっていることを話す。

城之内は風邪のウィルスによるものではというが、顔面の痛みが気になる未知子。神原は「三叉神経痛?」という。

 

・・・

 

七尾が外を眺めていると「どうしたんですか」と声をかける七瀬。

「ここでいいから」と病院に入っていく。

 

北野はため息をついていた・・・

原が声をかけると「What!?」と大きな声を出す・・・

原は北海道にいたときに、骨伝導補聴器の埋め込み手術に立ち会ったことがあるという。

「もしよかったら参考までに」「はい、大きなお世話でした」と原。

そこに未知子がやってくる。

原は未知子が持っている耳に関する本をみて、大門先生が北野先生のサポートとは珍しいと助け船を出す・・・

「ま、どうしてもというなら・・・」と強気の北野。

「致しません〜」と未知子は立ち去ってしまう・・・

 

「致せよ!」と原。

「僕も失礼します・・・」と原が去ろうとすると・・・

北野は原が痛がるほどの握力で腕を握り止めに入る・・・

 

七瀬が病院にやってくる。

「特別会議室、ここだ・・・」

 

「どうもよろしく、北野です」

南は手話通訳を用意していたと話す。

 

北野は原が助手を務めることになったと切り出すと原は「え?」と驚く。

七尾はアメリカにいた頃、イリノイ州の病院に耳のことを相談したと明かす・・・

「へー、口の動きだけでわかるんですね〜」と感心する原。

「耳鼻科のトランクリン教授ご存知ですか?」と七尾が北野に話しかける。

北野は「あー、向こうの学会で何度かあったことが・・・」と歯切れが悪い・・・

七尾は世界的な耳の権威ある医者でもリスクが伴うと話す。

「そうですか・・・」と北野。

どのような手術を考えているか聞く七尾。

北野は人工内耳を提案する。

「人工内耳ですか?」と七尾。

 

七瀬が外で待っていると顔面の痛みで倒れてしまう。

未知子が通りかかり「検査いくよ、風邪ひいているなんて嘘でしょ」と話す。

 

北野は「やっぱり・・・」とつぶやく・・・

 

・・・

 

北野は検査の結果から人工内耳の設置は適さないと説明する。

「そう・・・」

「でも諦めるのは早いですよ」

「最新の・・・」と説明をしだすと・・・

「聴性中脳インプラント」と七尾は言い当てる。

「ご存知だったんですか?」と北野。

確かに、聴性中脳インプラントは画期的だと話す。

「ご存知なら話は早い」という北野。

 

そこにマネージャの安原が入ってくる。

事務所のスタッフを貼りつけて七尾の動向をさぐっていたのだ。

「七尾先生、まさか耳の手術をお考えですか?」と安原。

「反対です。手術なんて認めない、ありえない」

七尾は耳が聞こえるようになったら商品価値はゼロになると説明する安原。

原は安原の言動に怒るが・・・

「安原くん、大丈夫だ。私は手術は受けない」という。

北野は怒りを隠せない・・・

 

「七尾先生〜!!」と慌てて南がやってくる。

「医院長がおよびです!」

 

蛭間は七尾から理由を聞こうとすると・・・

「私は調整中のインプラントの手術だけは受けたくない」

「その手術を受ければ、会話程度の音は獲得できるようになっても、音楽や楽器の生音は合成した人工音のようになって、聞き取れないそうです」と理由を述べる七尾。

北野はそれを認めつつ説得するが、七尾は応じない。

「私は音楽家です」

「音楽を聞き分けられないのでは意味がない」

「無駄って」

「ですから、私にとってはです」という。

「あんた傲慢だよ!!」と北野は怒りをあらわにする!

 

そこに未知子が七瀬を連れてくる。

蛭間は大門がオペをするというが未知子は「致しません。私には関係ないので」と即答。

未知子は七瀬のオペをするという。

七瀬の右の耳が聞こえなくなり、「放って置くと死ぬよ」という。

「それって、もしかして・・・」

「脳腫瘍か?」と北野。

病状を説明する未知子。

場に緊張が走る・・・

「その人がどういう生き方を選ぶかは、それはその人自由、だけどそのためにはまずは生きてなきゃ」

「そういうわけで明日彼女の緊急手術するから、よろしく」と未知子。

「やっちゃう?・・・」と蛭間はあっけにとられる。

 

・・・

 

手術室に運ばれる七瀬の手を握る七尾・・・

二人は笑顔を見せる・・・

・・・

「小脳橋角部腫瘍摘出手術始めます。メス」と未知子。

手術が始まる・・・

手術を見つめる西園寺と北野。

「手術、七尾さんご本人に断られたそうじゃないか。ま、君的にはよかったんじゃないの、慣れないオペで下手打たずに済んで、プライドは保てたんじゃないの?」と西園寺は笑い去っていく・・・

 

「院長どうしてこの女性のオペ、許可したんですか?」と南。

蛭間は神原が雑誌に記事を載せますからよろしくどうぞといわれたという。

【難聴の少女に無償で手術を提供】と『美談』の記事を見てにやける蛭間。

「今回のメロンもたかそうですね」と南。

「でもいいんだ。あげちゃう、丸ごと」と上機嫌の蛭間。

 

・・・

手術室では、小脳の表面に到達するが、小脳半球が腫れているため、そのままでは腫瘍が切れない状況であることが発覚する!

それと同時に急に血圧が220/140まで上昇!

 

未知子は小脳の部分切除を選択。

「だめだ、そのまま続けると小脳障害を起こしてしまう」と北野。

七尾は壁を叩く!

未知子は手話で「私失敗しないので」と七尾に向けて話す。

七尾は無言で頷く・・・

 

「小脳部分切除完了」と未知子。

血圧が110まで戻る・・・

 

「さすがだ・・・小脳の部分切除が最小限で済んだ・・・」と北野。

 

「終了」

「また卓球しよう」

・・・

 

未知子は七瀬の包帯を外す・・・

「どう?」

・・・

・・

七瀬は外を屋上から外を眺めると様々な音が聞こえてくる・・・

静かに頷き笑顔になる七瀬。

 

七尾はリサイタルに臨む・・・

七瀬を探す七尾・・・

 

『ピアノのどの鍵盤をどう叩けばどのような響きが得られるか、それはわかっています・・・』

『私の耳には聞こえませんが私の頭の中では確かに音が鳴っている・・・』

『その人の耳に、心に私のどんな音が届いているのか・・・』

『私には確かに聞こえるのです。その人の心に届いた私の音が・・・』

『それこそが、音楽家としての人生を選んだ私にとって、かけがえのない至福のとき・・・』

 

七尾は七瀬を見つめながらピアノを奏で・・・

笑顔になる・・・

 

演奏が終わると・・・

七瀬は立って拍手する!

「ブラボー!!」「ブラボー!!」と涙を流し神原が続いて拍手する!

 

裏に戻ってくるなおに拍手を送る未知子。

「その耳、私なら完璧に治して見せるけど?」

「通りすがりの外科医にもプライドがあるんで」

「・・・大きなお世話か」「あ、ほら、アンコール」

未知子は足早に立ち去る。

七尾は笑顔で見送りながら、アンコールに答える・・・

 

ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第7話のネタバレまとめ

  1. 音が聞こえないピアニスト・七尾の耳のために手術を依頼する七瀬
  2. 七尾は手術をしても音楽や楽器が電子音のようになってしまうことから拒否
  3. そんななか、アシスタントの七瀬に脳腫瘍があることが発覚
  4. 未知子は緊急手術を決断
  5. 蛭間は神原がこれを美談として雑誌に載せるという話があったことから許可
  6. 手術は無事に成功
  7. 七尾は七瀬を見つめながら、幸せを感じピアノを奏でる・・・



Sponsored Links

ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第7話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/itoutatsuhito/status/802546348201385984

https://twitter.com/Aya5I/status/802532982946873345

https://twitter.com/Jiyounglove_011/status/801770917751721984

https://twitter.com/Doctor_X2016/status/800676479109447680

https://twitter.com/yu_lav16/status/801786024481398784

Sponsored Links

集団行動のメイキング動画がテレ朝宣伝部のツイッターでUPされていました!

他にもメイキングを見た米倉さんのかわいいリアクションの動画もUPされていました♪

ジヨンさんの演技が格段にうまくなったという反応が多くありましたね。確かにすごいうまくなっていると思います。相当な努力をされているのでしょうね!

ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第7話の視聴率

ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第7話の視聴率は22.2%でした。

驚異的な視聴率を見せつけるドクターX!

全く他のドラマを寄せ付けません!人気シリーズとなるとマンネリ化しそうではありますが、トレンドのネタやひねったネタを盛り込み。常に話題を呼ぶ戦略はさすがですね。



ドクターX〜外科医・大門未知子〜・第8話(次回)のネタバレ感想

ドクターX4の8話ネタバレと見逃し動画視聴/広報南がガチギレ!未知子の手術が神ってる【ドクターX】

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。