刑事7人第2シリーズ7話ネタバレと感想見逃し視聴方法は?

刑事7人 第2シリーズ 7話 ネタバレ 感想 見逃し 無料視聴方法
Sponsored Links

東山紀之さん主演のドラマ・刑事7人の第7話は8月31日(水)21時放送です。

 

前回6話も鮮やかな推理でしたね。

 

推理ものとしてはベタな犯人に同情してしまうような話でした・・・

 

今回は国益に関わるような事件のようですがどのように解決の緒を掴んでいくのでしょうか?

注目ですね!

 

 

この記事では「刑事7人」の第7話のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

刑事7人 6話放送日は8月24日!みんなの感想やネタバレやロケ地

刑事7人・第7話のあらすじ

刑事7人 第2シリーズ 7話 ネタバレ 感想 見逃し 無料視聴方法

「帝都電機」の研究員・西島あおい(小野真弓)が、自宅マンションの浴室で溺死体となって見つかった。

部屋の荒らされ具合を観察した警視庁機動捜査隊の刑事・天樹悠(東山紀之)は、犯人の目的は単なる強盗殺人ではなく、特定の何かを捜すことだったとにらむ。

さっそく天樹は聞き込み捜査のために「帝都電機」を訪問。研究所の所長・赤松達夫(羽場裕一)から、一昨日前に警察があおいを訪ねてきていた、と聞かされる。

なんでも、海外から来たあおいの知人が職務質問を拒んで保護されたため、身元引受人になってほしいと要請されていたらしい…。

 

まもなく、原因は不明だが、あおいと赤松が口論しているところを同僚の女性が目撃していたことも判明。

さらに、遺体を検死した法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が、あおいが殺害された後、スーツケースか何かに詰められて運ばれてきた可能性があることを指摘してくる。

そんな中、どういうわけか経済産業省の産業技術環境局次長・松原敏雄(山崎銀之丞)が突然、天樹とともに真相を追う捜査一課12係を「捜査から外せ」と、横槍を入れてきて…!?

 

捜査が難航する中、天樹はより多くの手がかりを求め、あおいが身元を引き受けた外国人青年の行方を追跡。

だが、一向に足取りがつかめないばかりか、青年が何者なのかも見えてこない。

そんなとき、天樹らは被害者が関わっていた“ある発明”に隠された重大な欠点に気付くことに!

まさか…被害者は国ぐるみのリコール隠しで殺されたのか!? 血のにじむような捜査を続けた天樹らは、やがて事件の裏に潜む“巨悪”の存在に行き当たる――。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_02/story/0007/

刑事7人・第7話の見逃し視聴のおすすめ方法

刑事7人の7話を見逃したなら無料視聴でおすすめなのが、U-NEXTです。

U-NEXTならトライアル期間の31日間は無料。

最新ドラマはポイント制ですが、ポイントが600円分ついてきますので、すぐに見ることができます。

U-NEXTはこちら↓↓↓



刑事7人・第7話のネタバレ

帝都電機の研究員・西島あおいがなくなっているのが発見される。

荒らされている部屋を見て何かを犯人は探していたのではと睨む天樹。

帝都電機の所長・赤松に聞き込みをする天樹たち。

「ひとつ気になることが・・・」と赤松。

警察が西島あおいを訪ねてきたという。

一昨日、海外からきた友人が職務質問を拒んで保護されたときく。身元引受人になって欲しいと要請されていたという・・・

 

同僚に聞き込みをすると悩みがあったようだという。

 

赤松が西島あおいと口論している場面を同僚が目撃していたことから、水田に捜査を指示する沙村。

 

推定時刻は22時から23時の間とわかる。

堂本から状況を知らされるなか、沙村は片桐から呼び出しを受ける。

 

西島あおいの知り合いがルーク・ビンセンという男とわかる。

セラビアに学生時代のボランティアで知り合ったことがわかるが、観光目的の来日であるにもかかわらず所持金はなく、職質にも応じないことを不思議に思う天樹たち。

本人にあって確認することにする。

 

 

12係にやってきた経済産業省の産業技術環境局次長の松原は捜査の進捗を逐一報告するようにと言われる。

帝都電機の技術を守るためであり、ブランドに傷をつけてもらったら困るという。

解せない沙村に対し、片桐は政治を勉強しろという。

松原は大義のためという。「国益のためなら個人の命など軽い」と続ける。

 

赤松の元を訪れる水田。

西島あおいとの口論とのことを話す。

仕事上の意見が違っていただけという。

仕事中の外出について聞く水田だが、「外部の人に答える必要はありません」と一蹴される。

 

ルーク・ビンセンを捜査する12係。

沙村からは経産省から圧力がかかったことを伝える。

 

水田と沙村は赤松が訪れていた会社にやってくる。

バッテリーのクレームの相談であったと話される。

資料がまるでよういされていたかのような対応を受け予想されていた展開なのではと疑問を抱く沙村。

 

一方、天樹が捜査していた物質が多摩学園都市の水質と一致する。

また、それ以外にも西島あおいのキャッシュカードをルークが持っていることがわかる。

ルークの居場所を聞きこみで突き止める天樹たち。

 

廃倉庫に二人が来るとルークが遺体で発見される・・・

パスポートやコインロッカーの鍵が盗まれていることがわかる。

ルークを司法解剖する堂本・・・

 

 

赤松の元にやっくる二人。

パソコンの口止料に20万という沙村。

水田は今回の件を口外しないという誓約書を突きつける。

赤松はたった3件のことに・・・というが、200件以上のクレームがきていることを調べていた12係。

赤松は

「何にもわかっていないんだな・・・」

といい次世代バッテリーの欠陥が知れたら国益に影響がでるという。

西島あおいはバッテリーの欠陥を調べたばかりに殺されたのではという水田。



ルークの司法解剖からかなりの労働を強いられていたことや何度もけられたことなどがわかる。

ルークが抗うつ剤などに使われる物質を服用していたことを明かす天樹。

おそらく、犯人はルークから何か聞き出したかったのではと推理する。

堂本は若い頃にセラビアを訪れたことがあるとし、家族想いの国民性に想いを馳せる。

「この事件、絶対に解決してくれ!」と天樹たちをおくりだす。

 

天樹は西島あおいとルークを殺害した人物は同一人物と推理する。

西島がA型肝炎の予防接種を受けていたこと、セラビアを1ヶ月くらいに訪れていたことがわかる。

 

カモガヤの花粉がついていたことから殺害場所が特定される。

 

そこにやってくる松原。これ以上捜査を進めないようにという。

沙村が問い詰めると松原はリコール隠しを進めていたことをあっさり明かす。

偉そうな態度をとる松原に片桐は頭をさげるが、松原が帰ると「おれは大っ嫌いなんだよ!偉そうなやつ!!」という。

 

ルークが飲み込んでいた鍵で開けられるロッカーを探す12課。

青山はロッカーの鍵を開けることに成功する。

 

一方、天樹は西島あおいの殺害現場周辺を調査していた。

ルークはセラビアにある帝都電機の工場の作業員であることがわかる。

天樹は遺留品が見つかったと沙村に電話をかける。

沙村もルークの置き土産が見つかったと伝える。

 

・・・

 

赤松の元を訪れる沙村と水田。

赤松にセラビアの工場の写真を見せると言葉に詰まる。

ルークにセラビアの荷重労働の証拠写真を抑えてもらい赤松に訴える西島あおいだったが、赤松は応じなかったことを明かす。

利益を上げるためには誰かが犠牲にならなきゃいけないと話す赤松。

 

「帝都電機東南アジア統括部長の森岡さんですね」と天樹と青山。

ルークと西島あおいのことを殺害したと推理を話す。

「証拠はどこにあるんだね」とシラをきる森岡に。

現場で発見されたボタンを突きつける天樹。

それ以外にも毛髪のことや靴跡のことを青山が突きつける。

 

「あの女がいけないんだ、あんな連中の味方なんかするから!」

森岡は薄情する。

西島あおいから裏帳簿のことを聞き出そうとして殺害してしまったこと、その後西島あおいの電話を使いルークを呼び出し殺害したことを明かす。

 

「なぜ私がせめられなきゃいけない。私はただ会社のことを思ってやっただけだ!!」

「ルークは仲間や家族のことを思って吐かなかったんだよ!あんたの負けだ」

青山は森岡を逮捕、連行する・・・

 

 

12係の部屋に戻った一同。

「彼女とルークの思いが会社の不正をあきらかにしたのよ・・・」と水田・・・

 

片桐の電話が鳴る・・・

松原からの電話に「これから色々大変ですね〜。ご愁傷様でした〜」と電話を切る。

 

ルークの遺留品のことを心配する一同。

天樹はルークの荷物を持ち、静かに部屋を出る・・・

 

刑事7人・第7話のネタバレまとめ

  1. 帝都電機の研究員西島あおいが遺体となって見つかる
  2. 天樹は特定の何かを見つけるためだったと推理
  3. あおいの殺害前に訪ねてきた海外の知人・ルークに関する調査を進める
  4. その最中ルークは殺害される。また、帝都電機セラビア工場とわかる
  5. ルークの司法解剖の結果お腹からロッカーの鍵が発見される
  6. あおいは亡くなる1ヶ月前にセラビアを訪れていたことがわかる
  7. ロッカーにはセラビア現地のひどい労働状況を知らせるものだった
  8. あおいはルークと現地の労働状況を会社に訴えようとしていたが口封じされた
  9. 天樹はあおいの殺害現場から物的証拠を掴むことに成功する
  10. 状況証拠や物的証拠から犯人は帝都電機東南アジア統括部長の森岡とわかる
Sponsored Links

刑事7人・第7話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/ajupon_dorama/status/771521008880742401

https://twitter.com/BJnrtSH/status/771154668445507584



刑事7人・第7話の視聴率

刑事7人の第7話の視聴率は9.8%でした!!

刑事7人・第8話(次回)のあらすじ・ネタバレ

刑事7人第2シリーズ8話感想ネタバレや見逃し無料視聴方法は?

Sponsored Links

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。