嘘の戦争最終回(10話)ネタバレ、結末が明らかに!最後の嘘を見破れるか?

嘘の戦争 最終回 10話 ネタバレ
Sponsored Links

百田とカズキに裏切られ、警察に追われる浩一。

絶体絶命の中、浩一は二科興三に謝罪させるため、ある計画を企てるが……。

浩一は30年前の復讐を為し遂げることができるのか!?

嘘の戦争、いよいよ怒濤の最終回です!!

 

嘘の戦争最終回のあらすじ

30年前、一家心中に見せかけて家族を殺された天才詐欺師の浩一(草彅剛)は、タイで当時の実行犯と再会。

眠っていた怒りがよみがえり、殺された家族の復讐(ふくしゅう)のため、事件関係者を次々に破滅させる。

やがて、事件の首謀者がニシナコーポレーションの会長である興三(市村正親)だと知った浩一は、巧みなウソで長男の晃(安田顕)に近づき、娘の楓(山本美月)と結婚の約束をする。

一方、興三の跡を継いだ次男の隆(藤木直人)は警戒、浩一が30年前に唯一生き残った千葉陽一だと突き止める。

正体を明らかにした浩一は、興三が30年前の罪を告白した録音テープを公開しない代わりに謝罪会見を開くよう要求。

しかし、興三が会見の席で口にしたのは謝罪ではなく、浩一に受けた脅迫や一連の詐欺行為についてだった。

返り討ちにあい、怒りに震える浩一は、例の録音テープを公表しようとするが、データはすでに、隆に寝返った百田(マギー)とカズキ(菊池風磨)によって削除されていた。

さらに興三の訴えによって、浩一は警察に追われる羽目に――。

二科家の反撃と仲間の裏切りによって絶体絶命のピンチに陥った浩一だが、いかに興三にざんげをさせるかと、さらなる復讐に燃えていた。

一転して浩一は30年前のOL殺人事件を隠ぺいした“新たな証拠と証人が見つかった”と隆に電話をする。

「ダマされたら、ダマし返す。詐欺師は詐欺師らしいやり方で…30年前を終わらせる」と笑みを浮かべて話す浩一を心配するハルカ(水原希子)と守(大杉漣)、果たして浩一が仕掛ける大がかりな新しいワナとは?

果たして浩一は30年前の悪夢から解き放たれるのか?――天才詐欺師が見た、復讐劇の結末はいかに!?

引用元:https://www.ktv.jp/uso/story/10.html

 

嘘の戦争最終回ネタバレ

https://twitter.com/usonosensou_ktv/status/841393459302821888

30年前の事件の重要な証拠となる録音テープを奪われた浩一(草彅剛)は、三瓶(大杉漣)から30年前に浩一の父から預かったという証拠が「解剖報告書」だと聞かされるが、それは今となっては役に立たないものだった。

 

浩一は、「確実な証拠と証人を手に入れた」と二科隆(藤木直人)に嘘をつく。

なんとかするという隆だが、興三(市村正親)は、隆に内緒で浩一と証人である三瓶を殺そうとしていた。

 

浩一はハルカ(水原希子)に、興三にとって一番大切なもの、楓(山本美月)を奪うと断言する。

「騙されたら騙し返す。詐欺師は詐欺師らしいやり方で、30年前を終わらせる」

 

六車(神保悟志)は児童養護施設に侵入し、三瓶を人質にとって浩一を待ち伏せするが、百田(マギー)の誘導でやってきた警察に捕らえられる。

笑顔を交わす浩一と三瓶。

浩一に協力できたことで、三瓶もまた長年抱えていた罪の意識から解放されたのだった。

 

手術支援ロボットの設計データを盗まれたことに気づいた隆は、浩一の仕業と思い込み、浩一にデータを返すよう詰め寄る。

 

「復讐なんて、別の悲劇と憎しみを生むだけだ」

「俺の望みは、会長の謝罪と絶望。そして父の名誉の回復。30年前の真相を公表して、父が本当は被害者だと証明したい。そしてあいつに謝らせたい」

 

「父は謝罪なんてしない。出来ない人だ」

「謝罪したらデータを返すよ」

浩一は「明日終わらせよう」と隆にもちかけ、警察も警備もつけずに興三とふたりだけで迎えの車に乗るよう命じる。

 

浩一は楓の病院を訪ね、「今夜で終わりにする」ことを告げる。

「お父さん、説得してくれないかな」

「父が謝れば、それで気がすむの?」

「さあ。でも人を憎み続けるのって疲れるんだよな。だからもう終わりにしたい。終わったら二科家の前から姿を消す」

 

「もう、私たちが会うこともないってこと?」

「ああ、もう二度と」

 

「私も嘘つきだね。何があっても浩一さんを受け入れる、許す……なんて言ったのに」

「そんなの嘘って言わない。あれだけ騙したんだぞ。許すなんて言われたらこっちが困る。怒って、憎んでくれた方がずっと楽だ」

「うん、憎むよ。ずっと。あなたのこと、ずっと」

涙を流す楓に歩み寄り、「ごめんな」と言って立ち去る浩一。

 

カズキは、隆と興三を車に乗せ、海辺の建物に連れてくる。

建物の中では、浩一が謝罪会見をネットで生中継する準備を整えていた。

その場で30年前の真実を語れという浩一に、興三は「断る」と言い放つ。

 

浩一は、近くの小屋に監禁している楓の映像を見せる。

小屋には爆薬が仕掛けられていた。

楓は興三に「謝ってほしい」と語りかける。

 

用意されたカメラの前で、30年前の事件について告白し、頭を下げる興三。

だが、「部下が勝手にやった。隠蔽など知らない」と嘘をつく。

 

「俺は謝罪しろと言ったんだ。心から謝れって」

「いいかげんにしろ。だいたい、おまえの父親が要求に応えなかったのは、本当に正義感からなのか。本当はもっと金が欲しかったんじゃないのか?おまえの父親が、正しい人間のはずがない!

 

興三の言葉を聞いて、浩一は爆破スイッチに手をかける。

「やめろ!わかった、全部認める!」

 

土下座して「私が悪かった」と謝罪する興三。

「今さら遅いよ」

 

浩一はスイッチを押す。

小屋は炎上し、楓は炎に包まれる。

 

楓の名を叫びながら泣き崩れる興三に、浩一は「あんたは俺に同じことをしたんだ」と告げる。

「これが俺が30年前に味わった地獄だよ」

 

建物を出た浩一を、隆が追いかけ掴みかかる。

「楓なら無事だ」

 

映像は1時間前に撮影したもので、すべては浩一が仕組んだトリックだった。

楓が生きていることを確認し、ほっとする隆。

 

「父を騙すために?そのためだけに、こんな大掛かりな」

「詐欺師だから、俺」

「やられたよ。まんまと騙された」

 

だが、そこに警察の車がやってくる。興三が秘書の七尾に命じていたのだ。

浩一は逃げようとするが、崖っぷちまで追い込まれる。

その時、ナイフを手にした晃(安田顕)が走りこんでくる。

晃に刺された浩一は、血まみれになって海へと転落する。

 

晃は殺人未遂の罪で逮捕されるが、浩一は一週間経っても見つからないままだった。

隆と楓は、晃に面会する。

 

「いつから組んでた?あいつと」

「兄さん?」

「この嘘つきが」

 

笑う晃。

晃は、浩一から事前に計画を持ちかけられていた。

30年前の罪を償うために、浩一に協力することを決めた晃は、浩一をナイフで刺すふりをしたのだった。

 

「えっ、何?嘘って、なんのこと?」

「あいつは生きてる」

 

浩一が生きていることを知り、喜ぶ楓。

 

三瓶の児童養護施設を訪ねたハルカは、浩一が何も言わずに出ていったことを知りショックを受ける。

 

浩一は、空港で隆と会っていた。

約束どおり、カズキが盗んだ設計データを返す浩一。

 

「そうやってつき続けるのか、嫌いな嘘を、ずっと」

「嘘のない奴なんていない。けど、嘘もつき続ければ、ひとつくらいはホントになるかもな」

 

「一ノ瀬浩一は死んだ。復讐に囚われた男は死んで、別の男になれるかも。だから俺はつき続ける。嘘が嘘じゃなくなるその日まで

 

笑顔を交わし、別れるふたり。

 

BAR800では、百田が儲けの少ないことを愚痴り、ハルカは浩一がいなくなったことを淋しがっていた。

インコが発した「チャオプラヤ」というタイの川の名前を聞いて、浩一が残したメッセージだと察したハルカは、浩一を追ってタイへ向かう。

ハルカの想像どおり、浩一はタイの街を歩いていた。

 

Sponsored Links

まとめ&みんなの感想

最後の最後までハラハラさせられました~。

ここまでシリアスになると、もうバッドエンドしか想像できませんでしたが、最高の結末でした!

とても見応えのある、満足感の高いドラマでした!!

 

https://twitter.com/zzzzo42/status/841637946197401601

https://twitter.com/kuro5neko_sma/status/841637941000642562

Sponsored Links

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。