嫌われる勇気ドラマ6話の名言とネタバレ

嫌われる勇気 ドラマ 6話 名言 ネタバレ
Sponsored Links

本記事は嫌われる勇気ドラマ6話の名言とネタバレといったテーマでおおくりします。

香里奈さん主演のドラマ・嫌われる勇気の第6話は2月16日(木)22時放送です。

 

今回は相馬めい子の元カレが水死体で・・・

疑われるめい子!まさかの展開が待っています。

課題は信頼と信用!

アドラー心理学らしい定義で事件と関わってきます。

 

この記事では「嫌われる勇気」の第6話のネタバレやみんなの感想、名言や課題などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

嫌われる勇気ドラマ動画5話無料視聴方法と見逃した方へネタバレも!

嫌われる勇気動画4話無料視聴方法と見逃した方へネタバレ感想も

嫌われる勇気3話の見逃し動画無料視聴法とネタバレ感想!

嫌われる勇気2話の見逃し動画無料視聴法とネタバレ感想!

嫌われる勇気初回1話の見逃し動画無料視聴法とネタバレ感想!

 

嫌われる勇気6話のネタバレと登場した名言は?

元カレの死、4年越しの約束・・・

「あ」「え?」と青山。

蘭子が男性に抱きついて二人仲睦まじく歩き始めるのを目撃してしまう。

 

 

そのころ相馬は人を待っているようだが誰もこない・・・

 

 

翌朝、海で男性たちは水死体を発見する・・・

 

 

青山は先日の蘭子のことを相談しにやってくる。

あなたはあ庵堂くんのことが気になってしかたないんですね」と大文字。

蘭子が男性と一緒にいたことにやきもちを焼いている様子を察したようだ。

 

大文字はアドラー心理学では信頼と信用を分けて考えると説明する。

銀行がお金を貸すのは信用

無条件で信じるのが信頼

 

無条件で信じるなんて「そんなのはお人良しだ」と青山。

すると電話がかかってくる。

「どうぞと言われ」

電話をとると・・・

「え?」と驚く青山。

 

まさか青山くん蘭子のことを・・・

確かに美人ですが・・・

それはそいうと今回の課題は無条件で信じることができるか『信頼』できるかが事件に関わってきそうです。



 

鑑識は水死体の現場にやってくる。

浦部、小宮山は水死体を見つめ判断が難しいとぼやく。

 

 

蘭子、青山は遺体の前で手を合わせる。

相馬が仏の顔をみると・・・

言葉を失う・・・

「この人知り合いなの、だから・・・」と相馬。

「知り合いなんですか?」と蘭子が聞くと・・・

元カレ」という。

元カレが仏になっても相馬はかなり冷静でした。

取り乱しそうなそうな人の方が多そうですが・・・

どうなんでしょうか・・・

 

 

小宮山と浦部は蘭子のことをぼやきながら捜査を進める。

 

そりゃ、結果だしてるからっしょ、ねえ

と半田の顔を浮かんでくる・・・

 

そこに仏の身元がわかったと連絡がはいる。

 

 

蘭子は相馬に元カレとの関係をいつものようにズバズバと聞き始める。

「最後にあったのは4年前」と相馬。

「別れたのはいつですか」と蘭子。

それ聞く必要ある?」と相馬。

ダメ男だったことを話始める・・・

「なんでそんなダメ男と付き合ったんですか?」と蘭子。

相馬は最初はそうではなかったが怪我などもあり次第にダメ男になったことを説明すると・・・

「どれくらい付き合ったんですか」と蘭子。

「8年くらい」と相馬。

結構長いですね!

 

「そっちは男と付き合ったことは?」と相馬は聞き返す!

「あります」

「男と住んだことは?」

男ならいま家にいます」と蘭子。

驚く青山!!先日の男性のことがリンクしているようだ。

 

 

すると、検死の結果の知らせが3人がいるところに入る。

アルコール、カフェインが検出されたが、死因とは関係ないことがわかる。

「相馬先生は昨日何してました?」と蘭子。

蘭子は相馬を疑っているようだ・・・

 

 

相馬は事件の夜、元カレと・・・

なくなった相馬の元彼・繁田諒の元には『不適切な個人レッスンをしていたのをやめるように』といった趣旨のメールが届いていたことがわかる。

 

メールを送っていたのは田村真穂。三宅が発見する。

田村は繁田諒のジムの会員だったことがわかる。

 

 

早速田村に事情聴取する浦部と小宮山。

「8時には帰ってずっと家にいました」とアリバイを話す。

不適切なレッスンを受けていた木本遥が犯人なのではないかと田村は話す。

 

 

木本遥の元にやってくる蘭子と青山。

繁田諒のレッスン以外にも

  • 二人に食事にいっていたこと
  • 電話していたこと

を話すが、答えを用意していたかのように上手く返答をする遥。

しかし、蘭子は変化や違いを見逃さない!

 

レッスンのときとメイクが違うんですね」と蘭子。

そこに夫がやってくる。

「ご主人の木本正晴さんですね」と確認する青山。

正晴は妻が不倫しているはずがないと否定する。

 

「不倫がないというのはどうしてですか?」

「うちの妻に限ってということでしょうか?」

と追求する蘭子。

 

「仮にも弁護士の妻なんだから、そんなわりにあわないことするはずありません」と正晴は遥を『信頼』していると発言をする。

 

 

帰り道・・・

庵堂さん、まさかとは思いますけど不倫とかしていませんよね」と青山。

「あなたに心配されるようなことはしていません」と蘭子。

「約束があるので」とひとりで行ってしまう。

 

 

その頃、相馬は元カレの死因を探っていた・・・

相馬は鑑識の元にやってきて

ちょっと調べてほしいんだけど

と依頼をする相馬。

 

 

その帰りに相馬に出会う蘭子。

相馬が元カレ・繁田諒と待っていたことを調べあげていた・・・

「調べたのねほんとな女」と相馬。

相馬はアリバイについて話だす。

「すぐに帰った」

「いなかったから」

と相馬。繁田からの一方的な話ではあったが、2人は4年後に同じ場所で会うという約束をしていたのだ・・・

 

「4年越しの約束・・・」

ばかみたいよね。くるわけないってわかってるのに、魔が差したというか

「結局あえなかったんですね」

「もういいでしょう。私はもう関係ないから」と相馬。

 

 

浦部と小宮山は繁田が落ちた場所の特定に成功。

田村のアリバイは成立していることがわかる。

木本遥のアリバイは弱いが・・・

と刑事たちが話していると蘭子は写真をとって、出て行ってしまう!

 

 

蘭子が抱きついた男は実は◯◯

蘭子は鑑識の村上と出会う。

どうやら蘭子と相馬は同じことを考えていたようだ・・・

 

 

青山は再び大文字の元に・・・

「信頼は綺麗事だ」と話す青山に、対義語の『懐疑』を持ち出し説明をし始める大文字。

 

あなたはただ、あなたのことだけを考えていけばいいんです」と諭すかのように話かける。

確かに信じている相手がどうするかは自分の課題ではないということですね・・・

これは今日イチの名言かもしれないですねー!

 

「アドラーは言います。すべての悩みは対人関係だと」

「そしてまた、深い喜びをもたらすのも対人関係だと」

 

 

あなたは庵堂くんとどんな関係を築きたいんですか?」と大文字に聞かれ・・・

「それは・・・」と青山。

 

 

村上は相馬の気持ちを考えると・・・というが、蘭子は事件の解決のためだという。

村上は相馬も同じことをいっていたと話し、「つよいなー」とつぶやく。

 

 

一方の青山は蘭子と一緒にいた男性を偶然発見!

店に入り話かける!

きみさ、庵堂蘭子とはどういう関係

「真剣じゃないなら手を引いてくれるかな」

まるで恋敵に話すかのようです!笑

 

安藤蘭子の弟の優馬です。姉がお世話になっています」と男性。

 

聞くと春にこちらの会社にくるから、蘭子のところにいるのだという。

青山は蘭子の誘拐のことを聞くと『調べたのか』と聞かれる。

 

青山は直接聞いたことを伝えると・・・

「姉からですか?『信頼』してるんですね」と優馬。

態度が柔らかくなる。

 

失踪事件の後、自身は母に引き取られたこと。

蘭子は父に引き取られたが、蘭子が高校3年のときに失踪したこと。

そして、父はそれから帰ってきていないことを聞かされる・・・

 

蘭子の弟から話を聞き、驚きを隠せない青山

 

 

矛盾

相馬のところを訪れる蘭子。

「しゃくだけど私とおんなじこと考えているようね」と相馬は自身の推理が蘭子と一致していることを認める。

 

相馬は仏から検出された水の成分と川の水質や成分を比較することで、殺害された場所がわかり事件性があるかわかると考えていたのだ。

 

浦部たちは事故死だというが・・・

 

「その考え明確に否定します」と蘭子。

思い込みにとらわれているという。

 

半田は現場を洗うことを決断。

三宅はあと1時間で雨が降るから水がながされてしまうという。

顎で青山にいくように指示する蘭子!笑

 

 

蘭子は遥の元を訪れる。

「汗をかくのに今日はメイクしているんですね」

「失礼します・・・」と蘭子が木本の目の脇を撫でると・・・

そこにはあざが!!

 

 

物的証拠発見!

青山は重要な証拠になりそうな封筒を発見する・・・

 

「梶さんあれ・・・」

と血痕のついた石を発見する村上!

「じゃあここが殺害現場?」

石が発見された現場は遺体が発見された現場より下流。

つまり、上流に何者かが遺体を移動させたことがわかる!

 

 

そのころ蘭子は・・・

時計を見つめ、繁田が誕生日にすごした1日を同じようにおっていく・・・

髪をほどく蘭子・・・

考え始める・・・

みつけた

 

 

蘭子が『信頼』できない人とは・・・

相馬と蘭子は繁田との約束の場所を訪れる。

 

「繁田さんはあなたとの約束を守ったんです」

「諒はどこにいったの?彼になにがあったの?」と相馬。

 

 

一方、青山は木本宅を訪れている。

「遥さん、2月18日に繁田諒さんにあってますよね?」

「ごめんなさい私・・・」

「おい、お前!」

 

遥の証言から繁田とあっていたことがわかる。

それ以外にも、正晴が遥に暴力を振るっていたことも・・・

 

夫・正晴から暴力を受けた遥は繁田に電話。

心配になり繁田は遥の元にかけつけたのだ!

 

しかし、遥の夫・正晴は2人が逢瀬していると妄想をし・・・

繁田を石で殴り倒し溺死させ・・・

上流に放棄したのだった・・・

 

青山はそれは正晴が遥を『信頼』していことから起きた妄想だという。

「おれの妄想だっていうのか」

「はい」

「奥さんを信じなかったせいで、勝手にあなたは妄想したんです」

 

 

一方の蘭子と相馬。

蘭子は青山が発見した封筒を見せる。

「春から母校の先生で体育の先生をすることが決まっていたんです」

「まさかそんな・・・」言葉を失う相馬・・・

 

あなたにふさわしい相手になろうと諒さんは考えた

 

「ばかじゃないの?」

「ばかはあなたです。大切な人を信じてなんで待ってあげなかったんですか」

「怖いじゃない。自分が傷つくのが・・・」

「傷つけばいいんです!」

「ちゃんとあえていれば諒は死なずに済んだの?」

「あなたに会えたとしても諒さんは困った人の元に駆けつけるんじゃないですか?」

「そういう人だった昔っから」と相馬。

 

 

青山は事件後大文字の元を訪れていた・・・

「僕なりに『信頼』について考えてみたんですけど、条件なしに相手を信じるということはその人を信じる自分を信じろということなのではないでしょうか」

「なるほど、いい解釈です」と大文字。

 

「ところで、庵堂さんのお父さんご存知ですか?」

蘭子の父のことを話始める大文字。

 

大文字の部屋を出ると・・・

「噂ですけど、安藤さんのお父さん、やばいことに首を突っ込んで帰れなくなったようです」と土方はいつになく真面目なトーンで話す。

「庵堂さんは知っているんですか」

「そのはず・・・ですよ」

 

 

青山は隣にいる蘭子に話かける。

「庵堂さん、僕に力になれることがあったらい言ってくださいね」

「例えばご家族のこととか」

「それは私の課題です」

「安藤さんは誰もことも無条件で信じられるんですか」

すこし間をおき・・・

「いいえ」

信じられないひともいます・・・

 

 

蘭子は大文字のことを思い浮かべる・・・

これはやはり蘭子は確実に大文字が父の失踪に関係してると疑っていますね・・・

 

Sponsored Links

 

嫌われる勇気6話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/t877e/status/832284042372403200

 

Sponsored Links

 

嫌われる勇気次回予想

8係のもとに届く爆弾!

次回は共同体感覚!

「これ以上あなたのいいなりになりません」と蘭子がいう真意は・・・

 

 

嫌われる勇気6話の見逃し動画無料視聴のおすすめ方法

嫌われる勇気の6話を見逃しても動画を

無料視聴できるのがフジテレビオンデマンド

無料でアップロードされている違法動画のように

ウィルスなどの危険がありません!

Yahoo! Japan IDで登録するだけで

最大1ヶ月無料(実質無料)でドラマを視聴できます

嫌われる勇気を無料で今すぐ見たい方はこちら↓↓↓

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。