校閲ガール1話ネタバレ感想や見逃し視聴方法は?【地味スゴ】

校閲ガール 1話 ネタバレ 感想 見逃し 視聴 地味スゴ
Sponsored Links

石原さとみさん主演のドラマ・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の第1話は10月5日(水)22時放送です。

 

校閲ガールがいよいよスタートです。待ちに待った方も多いのではないでしょうか。

石原さとみさんをはじめとした豪華俳優陣がどんなドラマを見せてくれるのか楽しみですね。

特に注目なのは石原さとみさんの『ド派手』な衣装ではないんでしょうか?

衣装についても当サイトではお伝えしているのでそちらもご覧になってみて下さいね。

 

この記事では「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第1話のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

 

地味スゴのその他の情報はこちら

校閲ガール主題歌は『陽のあたる場所』栞菜智世は本名?読み方は?

地味スゴの衣装はこちら!

【地味にスゴイ!校閲ガール】石原さとみの衣装はコチラ!

校閲ガールの石原さとみの衣装1話まとめ♡ダサいと噂やブランドは?

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第1話のあらすじ

校閲ガール 1話 ネタバレ 感想 見逃し 視聴 地味スゴ

オシャレ大好き河野悦子(石原さとみ)はファッション誌の編集者を夢見て、今年も出版社・景凡社の中途採用試験の面接に臨み、ファッション誌の魅力と編集部で働く熱意を訴えた。

その夜、景凡社の人事担当から採用の連絡が来て、悦子は大喜び。しかし、悦子が配属されたのは念願のファッション編集部ではなく、原稿の誤字脱字や内容の間違い、矛盾がないかを確認する超地味な「校閲部」だった。しかも憧れのファッション編集部には高校時代の後輩・森尾(本田翼)の姿が。

入社早々、悦子は校閲部長の茸原(岸谷五朗)に猛抗議。そんな悦子に茸原は「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない」と言う。その気になった悦子はファッション編集部への異動を目標に、校閲の仕事を頑張ろうと決意。さっそく、ミステリー小説の校閲を任される。

 

が、悦子の破天荒な校閲方法に担当編集者・貝塚(青木崇高)は大激怒。大御所作家の本郷大作(鹿賀丈史)から「この校閲をしたものを連れて来い」と呼び出しがかかっていると言う。悦子の初仕事一体どうなる?

一方、森尾は上司から命じられたイケメンモデル探しをする中で、ちょっと変わった大学生・折原幸人(菅田将暉)を発掘。同じ頃、悦子もまた、偶然出会った幸人に一目惚れ!ド派手なファッションの校閲ガール・河野悦子が仕事に恋に大暴れする!?

 引用元:https://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/story01.html

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第1話の見逃し、無料視聴のおすすめ方法

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の1話を見逃したなら無料視聴でおすすめなのが、huluです。

huluといえば今や知らない人はいないくらい有名になっている動画配信サービスです。

ネット上の違法サイトの騙しによる時間のロスやウィルスを心配する必要がないので安心ですね。

通常なら月額が933円かかりますが、いまなら2週間無料で見放題です!!

huluでいますぐ校閲ガールを見たい方はこちら!




地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第1話のネタバレ

受付のセシルはおしゃれと悦子に注目する。

悦子は毎年景凡社を受けている有名人だった。

 

面接を受ける悦子。

景凡社の雑誌を褒めまくる。

 

「はいはい、ファッション誌への情熱はよくわかりました」という面接担当。ファッション誌の採用はとっていないという。

そんな話には耳もくれず、いかに自分が景凡社に必要かアピールする悦子。

実際に雑誌の発行部数が落ちていることを指摘する。

 

面接が終わる直後悦子は、茸原のネクタイのブランドとアクセサリーに注目する「これどこのブランドですか?」

茸原は答えず悦子は面接会場を後にする。

 

面接終わりに受付近くで

「森尾?森尾だよね」と高校時代の後輩・森尾に気づく悦子。

森尾が面接に受けにきたと勘違いする!

 

一方的に話しかけその場を立ち去る悦子・・・

 

悦子は面接の帰りにファッション雑誌を買いまくる。

「ただいま!」とおでん屋に挨拶して上にある家に帰ってくる悦子。

 

部屋はおしゃれに彩られている。

付箋がたくさんついた本屋ファンション雑誌Lassyが綺麗に並べられていた。

 

おでん屋で悦子はファッション雑誌を読みながら、

「これいい〜、エディターズバック」と言いながら、おでんを食べる。

そんななか景凡社から電話がかかってくる。

 

大将と常連から注目が集まる!

 

なんと正式採用が決まったのだ!

喜ぶ常連と大将。

 

出社当日

「おはようございます」と挨拶する悦子。

「本日よりお世話になります。河野悦子ですよろしくお願い致します」というが配属先が違うと言われる悦子。

 

聞いた場所に向かうと・・・

そこには地味な雰囲気を醸し出していた・・・

 

「はじめまして河野悦子さんですね。ようこそ校閲部へ」と茸原部長。

なぜ校閲部なのかという悦子に対して「あなたほど向いている人はいない」という茸原。

 

「河野悦子さんでしょう」という茸原。

「略して、校閲・・・」という悦子。



・・・

 

「みなさんちょっとよろしいですか」

我々の新しい仲間を紹介しますと悦子を紹介する部長。

「河野悦子です。短い間ですが、よろしくお願いします」と自己紹介する悦子。

 

早速校閲の手ほどきを先輩から受ける悦子。

・・・

・・・

・・・

ここまでで何か質問はありますか?と藤岩。

説明を受け終わると・・・

「そのスーツどこで買いました」と先輩のスーツダメ出しする悦子。

校閲部の部員は先輩にズバズバダメ出しする悦子に驚愕する。

藤岩が振り返ると目をそらす部員たち・・・

 

・・・

 

藤岩は茸原部長に悦子の愚痴をいう。

茸原は自分がしていたネクタイピンについていたピアスをわざわざショップまでリサーチしていた姿を目撃したことを話す。

校閲に必要な要素を元から兼ね備えていた悦子に才能を感じたため、採用したと話す。

 

米岡から校閲部の説明を受ける悦子。

そこに貝塚が米岡が校閲した原稿で作家から怒られたと怒りにくる。

米岡は作った模型を持ち出し小説の矛盾点を説明するが、貝塚は作家が気持ち良く文章を書けるのが一番だといい模型を壊して、欠陥住宅だという。

その態度を見た悦子は貝塚に「人のものを壊して謝らないってなんなの!?」とつっかかり、喧嘩になる!

 

なんとかその場をおさめる茸原部長・・・

 

その後も、

藤岩から指導に「めんどくさ〜」という悦子。

 

 

業後、森尾を飲み会に誘うセシル。

そこに悦子がやってきて・・・

 

 

3人の飲み会になる・・・

悦子は森尾がファッション編集部と知ってショックを受け、なんで!?と驚きを隠せない・・・

 

一方、森尾はマイペース。

森尾は携帯を眺めている。

副編集長から指示が出ていたモデル候補を発見する森尾。

 

悦子は森尾との格差を悔しがりつつもファッション編集部への想いを熱く語るが、関心を示さない森尾。

「編集部にいってやる〜!」といってベットに飛び込むと寝ている。

子供みたいと驚くセシルに森尾はクローゼットを開け布団をかける。

・・・

本郷大作の校閲を茸原部長は悦子にやらせるという。

貝塚は反対するが、悦子が「あの本郷大作!?」と食いついてくる!

貝塚は「社内報とかにして下さい!」と反対するが、悦子はゲラからくらいついて離れない!!

結局、貝塚も諦め悦子に本郷大作の校閲を任せることに・・・

 

・・・

 

森尾は大学にやってくる。

悦子との飲み会のときに発見したモデル候補である折原を探しにやってきたのだ。

 

「あの、突然すみません。ちょっとサングラス外してもらっていいですか」

「あ、いた」と折原に名刺を渡す。

「名前聞いていい」と手際良く話を進めるとモデルの仕事に興味が無いという折原。

森尾は諦め早々に立ち去る。

 

悦子は校閲に時間がかかっている。

そこに部長が心配してやってくる。

悦子は本郷大作の校閲が成功したら、

「ファッション誌の編集部に異動させてもらえますよね!?」

スゴイ剣幕で詰め寄る!!

部長は未来への扉は開かれている!!と話をかわして「あなたなりの校閲をやって下さいといい」立ち去る。

 

次の日、貝塚が悦子の元にやってくる。

悦子の校閲が大作家に対して失礼だというのだ。

しかし、悦子は女子高校生の言葉が「チョベリグ」なんていうのは古いと譲らない。

貝塚は悦子に本郷との食事の席に一緒に来いという。

 

食事の席・・・

貝塚は悦子の無礼を詫びるが、本郷は上機嫌!

「あんなに面白い校閲初めてみたもん!」という本郷。

悦子にシャンパンをすすめる。

 

貝塚は本郷のことを褒めまくるがあまり本郷は貝塚には関心がない様子・・・

 

悦子はファッション誌しか普段読まないというが、本郷大作をしっていたのはファッション誌に本郷が載っていたからだと明かす。

しかし、雑誌に載っていたファッションの組み合わせが「くどい」とバッサリ!笑

 

悦子の記憶力に関心する本郷。

貝塚は遠慮のない態度を本郷に謝るが本郷は気にしていない。

 

悦子のことをゆとりよわばりする貝塚に悦子は早口で無能であることをまくしたてる。

 

そんなやりとりを見て、本郷は全く遠慮のない悦子をとても気にいる!

どんどん飲みなさいとシャンパンをすすめる本郷だった・・・

 

・・・

 

再校を本郷から任せられる悦子。

一つだけ、架空の名前であり以前の校閲と変わっていない立田橋(たったばし)。

 

気になって仕方がなに悦子は、小説の舞台である立川に足を運ぶ。

「やっぱり立田橋じゃない、立日橋(たっぴばし)だ!」という悦子。

釣りをしている人に聞くが立日橋で間違いないという。

 

夕日を眺め「きれい〜」と呟く。

カフェに入ると「本郷先生!?」と写真を発見する悦子。

カフェの店員に本郷大作のことを聞くことに・・・

 

その頃、折原はマンションの明け渡し通知書がやってくる。

 

森尾は副編集長からモデルが見つかっているかどうか聞かれるが見つかっていないと答える。

他の子は2、3人見つけていると言われ「そんな言われても・・・」と漏らす。

そんな中、森尾へ折原から電話がかかってくる。

 

一方、景凡社には本郷がやってくる。

校閲部を訪れ悦子と対面した本郷。

立川を訪れたことを聞く。

悦子は立川にいき、本郷の写真会や本郷の妻を訪ねたことを伝える。

貝塚は本郷が離婚していて家族の話はタブーになっていることを明かす・・・

 

本郷は悦子がプライベートにづけづけと入ってきたことに怒っており、もう景凡社では書かない!といい去っていった・・・

 

・・・

 

貝塚に謝る悦子。

苦楽を共にした奥さんと本郷先生が離婚したことや茸原部長が当時の担当で、全く文章を書けなくなった本郷先生の元を足繁く通い今があることを伝える。

 

「どうしよう・・・」

「いまさらどうしようもないよ。おれもお前も、クビだ・・・」

貝塚はエレベーターに乗る。

 

おでんやの大将と常連からエディターズバックをプレゼントされる悦子。

笑顔を作るが内心は元気がなさそうだ・・・

 

部屋に戻った悦子は貝塚に電話をする。

「先生に合わせてほしい」とお願いする悦子。

しぶしぶ貝塚は了解し手筈を整える。

 

本郷と対面する悦子。

「この度は先生申し訳ありませんでした」と頭を下げて謝る悦子。

奥さんと息子にあってきたことを話す本郷。

「余計なことをして申し訳ございません」と悦子は続ける。

 

立田橋と書いていたのは離婚した妻との息子が立日橋と言えず

『たったばし、たったばし』といっていたことから息子に当てたメッセージだったことを明かす本郷。

悦子の校閲がきっかけが息子と会うきっかけになった本郷。

 

「君には感謝しないといかんなあ」という。

「河野悦子略して校閲かあ、転職かもしれんなあ」と笑顔で話す。

 

・・・

 

本郷先生の新作、完成しました。

でこれは本郷先生からお前にだ。

 

完成した「武蔵野の情事」を読む悦子。

校閲した文章がなおっていることを確認していくと最後のページには悦子にあてたしおりが挟まれていた!

すっかり気に入られたなと言われる悦子。

実は「もうここでは書かん!」というのは本郷大作の常套句であることが茸原部長や貝塚から明かされ安心する。

 

セシルとの帰り道。

折原が悦子にぶつかる。

「すみません大丈夫ですか」と駆け寄った折原に・・・

悦子の時は止まったようだ・・・

悦子は半放心状態で折原を見つめる・・・

 

頭を下げ自転車でその場を後にする折原。

 

おでん屋にきているセシルと悦子。

「超絶イケメンだったね」「どストライク」という悦子。

 

折原が使っていた施設は近隣の住民しか使えないからまた会えるかもしれないといいつつ、「そんなことよりおでん食べましょうよ」「こうえつせんぱい」とセシル。

 

一方、森尾のもとには折原が金がないという理由でやってきた。

アパートの立ち退きを迫られている書類を見せる。

 

「これきてみて」という森尾。

ネクタイの締め方もわからない折原に「うちくる?」と誘う・・・

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第1話のネタバレまとめ

  1. 憧れの景凡社に内定したが、ファッション編集部でなく校閲部
  2. 森尾がファッション編集部であることを知った悦子はショックを隠せない
  3. 森尾はモデル候補の折原を見つけるが断られる
  4. 悦子は森尾がスカウトしようと思っている折原に一目ぼれした!
  5. 悦子が初めて担当することになったのは大物作家の本郷大作
  6. 悦子は校閲や人柄を含めて本郷に気に入られる
  7. 本郷の再校も依頼された悦子だが、本郷のプライベートまでに足を突っ込んでしまい怒りをかってしまう
  8. しかし、それは新人が受ける本郷の洗礼だった
  9. 安心する悦子だが一目ぼれした折原は森尾と分け合って一緒に住むことに!?
Sponsored Links

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第1話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/nonen29/status/783675677035724800

https://twitter.com/maiko7029/status/783683985721262080

早くもファッションが話題になっている様子です!!

そして、お仕事ドラマといいつつも本田翼さん演じる森尾と石原さとみさん演じる河野悦子が確実に恋のライバルになる予感がぷんぷんしていますね!!



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第1話の視聴率

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第1話の視聴率は12.9%でした!!

かなりの好発進ですね。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第2話(次回)のネタバレ感想

校閲ガール2話ネタバレ感想や見逃しても動画を無料で見る方法は?

Sponsored Links

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。