校閲ガール10話(最終回)は早い?ネタバレ感想と動画無料視聴方法

校閲ガール 10話 最終回 早い ネタバレ 感想 動画 無料
Sponsored Links

石原さとみさん主演のドラマ・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の第10話(最終回)は12月7日(水)22時放送です。

 

ついに校閲ガールも最終回!

lassy編集部に異動(?)になった悦子は恋に仕事に絶好調!?

最終着地はどのように迎えるのでしょうか!?

 

この記事では「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第10話(最終回)のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

校閲ガール9話ネタバレと動画無料視聴方法/悦子がついに異動!?

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第10話(最終回)のあらすじ

悦子は貝塚(青木崇高)から、本郷(鹿賀丈史)の盗作を訴える告発文が送り付けられたと知らされる。

告発文の送り主は、“直木龍之介”と名乗るWEB小説家。直木は、自分が1ヵ月前に発表した作品と、発売されたばかりの本郷の最新作が酷似していると主張していた。

本郷は連絡がつかない状態で、真偽を確かめることができない。

貝塚は、本郷の最新作と直木の作品を細かく検証すれば手がかりが得られるかもしれないと考え、校閲部に2つの作品の事実確認を依頼。

悦子たち校閲部の面々と幸人(菅田将暉)は協力して、本郷の盗作疑惑を晴らすために奔走する。

一方、悦子が『Lassy』編集部に企画をプレゼンする日も近付いていた。そんな中、校閲部に何者かが侵入し…。

引用元:https://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/index.html

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第10話(最終回)の見逃し、無料視聴のおすすめ方法

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の10話(最終回)を見逃したなら無料視聴でおすすめなのが、huluです。

huluといえば今や知らない人はいないくらい有名になっている動画配信サービスですよね!

通常なら月額が933円かかりますが、いまなら2週間無料で見放題です!!

huluでいますぐ校閲ガールを見たい方はこちら!



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第10話(最終回)のネタバレ

lassyの編集長と面談をする悦子。

春の企画をやってみることになる!

企画が上手く行けば異動になるかもしれないようだ・・・

(どうやら異動とういわけではない・・・)

 

そんな中、本郷大作が盗作で訴えられたことを貝塚から聞かされる悦子・・・

是永を連れてすぐに来てほしいという・・・

 

11月30日に出版された本郷の『ゼロ知識証明』

直木龍之介というネット作家から盗作であるという申し出があったのだ・・・

ただ校閲をしたのはネットで公開された10月9日より前である・・・

 

単純に盗作とはいえないものの、貝塚は本郷のいつもの作風と違っていることや様子がおかしかったことを話す貝塚・・・

校閲部は全面的に協力することになる。

 

・・・

悦子は貝塚が疑っていることに「気持ち悪い」という。

しかし、幸人は本郷が隠し事をしているような様子が気になっている様子だ。

悦子は12月5日にlassyの編集長にプレゼンしないといけないことを思い出す!

 

悦子は作業をしながら寝てしまっていた・・・

 

景凡社では本郷のことが問題になる・・・

頭をさげる貝塚と茸原。

悦子、米岡、藤岩は再度原稿をみることになる。

「先入観を持たないことが大切です」と部長。

「期限は12月5日の月曜日」と話す。

作業にあたる校閲部のメンバーたち。

 

幸人が貝塚に話しかけると本郷がどこにいるかやはりわからないという。

 

・・・

「やっぱり盗作したのは本郷先生ではありません」

悦子は先生の特徴から盗作でないと判断する。

オレ、俺、僕など、指摘だしをしたものがかわっていないという悦子。

それ以外にも、米岡は本郷と打ち合わせをして作った独特の模型を見せる。

こんな独特のものが似るはずがないという米岡。

藤岩は問題はどのようにゲラが流出したかだという。

 

そこに森尾がやってくる。

森尾から展示会の誘いを受けるがめちゃくちゃ面倒な校閲があるからと断ることにする。

 

・・・

 

「お疲れ〜」と森尾。

幸人のクマを心配すると幸人は小説を書くのに集中して徹夜してしまったという。

森尾は「撮影減らす?」というが幸人はそんなことはできないという。

 

「あー!!」

と藤岩が大きな声が出す。

悦子はあまりの大声に驚くと・・・

「でもわかったんです。盗作したのはやはり直木龍之介です」という藤岩。

おぱっぽーという青森の言葉を調べて、青森まで事実確認に行ったことを話す藤岩。

悦子はあれだけ机の上でやる仕事だといっていた藤岩が事実確認をしに青森までいったことにつっこむが、藤岩が担当した念校で変わっていた部分が直木龍之介の作品では変わっていないところがあると判明。

初校→再校→念校とある工程の中で、再校後に作品が盗作されたことがわかる。

 

問題はそうなると犯人は社内の人物の可能性があるという・・・

監視カメラをみる校閲部のメンバー。

そこには悦子が映し出されていた・・・

悦子が犯人!?と監視カメラを見守る校閲部・・・

悦子は部屋をデコっていただけだった!笑

「タコのやつばれちゃったじゃん!」と悦子。

しかしみんな気づいていたようすだ・・・

 

・・・

おでん屋にくると貝塚がおり、テンションが下がる悦子。

貝塚が幸人と待ち合わせしているというとテンションが一転して上がる。

 

悦子は「あの件は?」聞くと・・・

「本郷先生の手に渡っている間にゲラが盗まれたってことだよ」と貝塚。

「本郷先生に再校のゲラが渡ったときに間違いないな」という。

幸人は母に会ってきたというと、悦子は本郷が妻にあったことがあるということを明かす。

「え?」と幸人が驚くと母から電話がかかってくる。

 

・・・

 

軽井沢の本郷の別荘にやってくる悦子、幸人、貝塚。

本郷の妻が迎える。

「貴方が河野さん。幸人の母です。噂は本郷から聞いているのよ。可愛い人ね」

素直に照れる悦子。

そこに本郷がやってくる。

「ところでさなんで二人がいっしょにいるわけ」と幸人。

20年ぶりに会ってから会うようになったという本郷。

「あ、しょっちゅう電話していたのはお母さんなの?」と幸人。

そういうことだったのだ。

 

本郷の盗作の話になる。

本郷の妻はちょうど大学の同窓会があった話をする。

「それだ!」と幸人。

貝塚は「こちらで調べるから・・・」と話すが、本郷は友人を気遣い「盗作で構わん!」といい、休暇中だから失礼するという。

 

「先生はきっと犯人の検討がついている」と貝塚。

「親父は優しすぎるんだよ」と幸人。

 

・・・

本郷は妻と話している・・・

実は以前も同じようなことがありそれが離婚の引き金になっていたのだ・・・

 

帰りの車の中・・・

「実はえっちゃんのお父さん。おれの社会人時代の先輩なんだよ」と大将。

肌に合わなかった銀行をやめて、独立する背中を押してくれたのが悦子の父だったのだ。

悦子が上京してくるときに「これで、恩返しができる!」と思ったと大将。

しかしいい話の途中で悦子はぐっすり寝ていた・・・

 

・・・

「開けてくれ・・・早く・・・」貝塚がおでん屋の扉を叩く!

「何?朝早くから!?」と悦子。

「本郷先生が動いたぞ!」と貝塚。幸人が尾行しているというのだ。

 

・・・

 

本郷はタクシーを降りると後ろからタクシーを降りる幸人、悦子、貝塚・・・

向かった先は・・・

 

「あの子が自慢の孫か・・・写真よりずっとかわいいじゃないか」

「なんでわかった・・・」と大学の同級生は話す。

全部コピーしたと正直に明かす友人。大変だったという。

「なんでそんなことした」と本郷。

「順風満帆な人生に汚点を残したくなった」と友人。

本郷は自分が順風満帆ではなく離婚したことを打ち明ける。

「離婚なんて聞いてないぞ」と友人は驚く。

「いってないからな」と本郷。

本郷は見栄を張っていたようだ・・・

「夢を叶えられる人間はお前みたいに才能がある人間だけだ」と漏らす友人・・・

自分が夢も叶えられぬまま死んでいくと思ったら羨ましくなったという。

 

「なんで過去形なんですか?」と悦子がそこにやってくる。

戸惑う友人に悦子のことを紹介する本郷。

「岩崎正」と友人は自己紹介する。

「なんでわかったんだ」と本郷がいうと。

「母ちゃんが教えてくれたんだ」と幸人。

 

本郷は「おれが大学を卒業できたのは、お前が大学でボツにした論文を拝借したからだよ」と過去の『盗作』を打ち明ける。

仕事を優先した代わりに家族を犠牲にしたこと。

そして、それを取り戻すのに必死だったことを打ち明ける・・・

悦子は「叶えられなかった夢取り戻してください」と説得する。

本郷は「夢の途中だとワクワクするだろう。あの時に叶えられなかった夢を叶えようじゃないかというと・・・

「ありがとうな・・・」と岩崎は静かにつぶやく・・・。

 

・・・

 

悦子は戻ると企画の提出は明日だった・・・

あと3時間しかない・・・

驚く森尾とセシル・・・

心配する二人は悦子の部屋までやってくる。

パソコンを見て「全然できてないじゃん」と森尾。

自分の企画書を使ってという。

「はいこれ送って」という森尾・・・

悦子は表情を変えずメールを送付する。

・・・

朝・・・

悦子はパソコンを眺めながら、ぼーっとしていた・・・

 

受付で二人に応援される悦子。

「ありがとう」と静かに答える。

 

編集長と対面する悦子は・・・

「lassyは私のバイブルでした・・・」とlassyへの想いの丈を話だす。

しかし、悦子は今回の企画は森尾が作ったものだと正直に話してしまう。

校閲の仕事につきっきりだったという。

「異動の話、申し訳ありませんでした」と頭をさげる。

 

編集長は「異動の話?」という。

実は企画が成功したからといって異動できるという話ではなかったのだ・・・悦子の勘違いだったようだ。

 

・・・

森尾は「先輩にlassyに来てほしかったんです。いっしょに働きたかったんです」と話す。

悦子は後ろめたい気持ちを持って、lassyには言いたくなかったと気持ちを打ち明ける・・・

 

・・・

 

幸人は目覚めると森尾からメールがたくさん来ていた・・・

徹夜して小説を書いていたため、寝坊してしまったのだ。

・・・

急いでやってくる幸人!

森尾が一人だけいた。

他のスタッフには帰ってもらったという森尾。

プロ意識がないと他の人に迷惑をかけてしまうから、モデルをやめてもらうように話したと森尾。

「新作楽しみにしてるよ」と森尾は一方的に話て立ち去ってしまう。

幸人は頭をさげる・・・

 

・・・

「いた」

「タコ」

HPの小説も削除されており、問題なかったと貝塚。

「お咎めなしでよかった」と悦子は安堵する。

 

・・・

貝塚は悦子を気遣ってお酒を買ってきてくれたのだ。

悦子は本郷のことで頭の中がいっぱいになってしまった自分に呆れたとう悦子。

貝塚は悦子が校閲部の河野悦子しての自覚があったからだと話す。

一時的な腰掛けでなく目の前の仕事に本気でぶつかっていく悦子の姿を見て、校閲部のみんなが悦子のことを見守ってくれたり触発されたことを話す。

「・・・んだよ、タコ!」と悦子は帰るという・・・

言葉は強いが不機嫌ではない。

 

・・・

悦子や森尾、セシルと常連がおでん屋で盛り上がっていると・・・

幸人がやってくる。

自宅で宴会が始まって小説がかけず悦子の元にやってきたのだ。

「えっちゃん。ほんと悪いんだけど、部屋貸してもらってもいいかな?」

悦子はもちろんと幸人をあげる。

森尾とセシルは顔を見合わせ笑顔になる。

 

・・・

「できた!えっちゃん読んでもらってもいいかな」

「いいの?」

「一番最初の読者はえっちゃんって決めてたから」と幸人。

・・・・

・・・

・・

「面白い!は〜、すっごい面白かった」

後ろを見ると幸人は眠っている。

「お疲れさま」悦子は目に涙をためている。

毛布をかけて「・・・は〜、ほんっとイケメン」とつぶやく。

悦子は幸人の唇に近づくが・・・

やめてしまう・・・

すると幸人が突然起き上がる。

「どうだった?」

「ほんとうに面白かった」

「よかった」

「幸人くんお疲れさま」

・・・

「幸人くん、なんかうやむやになって付き合う付き合わないってなった話・・・」

「幸人くんって本当にすごいと思う」と悦子。

悩んでもがいてここにいる幸人と比べて、悦子は夢に近づけるチャンスをみすみす棒にふったことを話す。

「本当に悔しい」と涙を流す。

「幸人くんはもがいてもがいて、こうして納得できる本が書けるようになって・・・」

・・・

「このままの関係で、いさせてほしい」と悦子。

幸人に逃げてしまうかもしれないという・・・

「そうしよう」と幸人。

「自分に納得なんかいってないし」と幸人はまだまだこれからだから、おれも頑張るという。

結局二人は付き合うことにはならなかった・・・

 

・・・

「おはようございます」と正宗がやってくる。

貝塚からゲラを頼まれていたのだ。

なんども正宗がこける姿を見て不審に思った藤岩はコードを発見する!

「河野さん!なんですかこれは?」と藤岩。

 

校閲部の扉がかなりド派手な扉になっていたのだ!

悦子は自分でないというと、「じゃあ誰がこんな馬鹿なことを?」と藤岩。

「それは私です」と部長。

悦子が来てから自信を持つようになったという。

大好きなファッションを楽しむ悦子を見て自分を楽しむようになった校閲部の部員たち。

そんな変化を感じた部長のはからい(?)だったのだ。

今の校閲部にぴったりだという部長。

みんなで写真を撮ることにする校閲部。

 

貝塚がそこにやってきて、「趣味悪」というてっきり悦子の仕業だと思っている様子だ。

「あ、そうだ、是永是行さんの新作できました」と本を持ってくる。

本を見つめる校閲部たち。

 

『幸人のナレーションが入る・・・』

 

悦子は幸人の本をデスクに飾る。

 

・・・

「何これ!?」

「河野さん!」と藤岩。

「だってこれおかしいですよ・・・」

と部長に許可を取って今日も事実確認に出かける悦子だった・・・

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第10話(最終回)のネタバレまとめ

  1. 悦子はlassyの編集長から春の企画で悦子の本気を見たいと企画を依頼される
  2. そんな中、本郷大作の盗作疑惑が発覚
  3. 再度校閲を進めていくうちに再校のゲラが本郷の手に渡る間に盗まれたことがわかる
  4. 犯人は同時期に同窓会のあった大学の同級生と目処がついているようだ
  5. 同級生の岩崎の元を訪れる本郷。岩崎はあっさり自分がやったと認める
  6. lassyの企画を考える時間がなかった悦子。森尾は自分の企画を送らせる
  7. しかし翌日悦子はあっさり送った企画が森尾のものであると打ち明けてしまう・・・
  8. チャンスを逃してしまう悦子。一方の幸人は小説をしっかりと書き上げる
  9. 一番に悦子に小説を読んでもらう幸人。悦子は「ほんとうに面白い」という
  10. 恋愛に逃げてしまうのが嫌な悦子は幸人に今の関係でいさせてほしいという。
  11. 幸人もそれを受け入れる。
  12. いよいよ幸人の小説が出来上がる。
  13. 悦子はいつものように事実確認に出かけていくのだった・・・
Sponsored Links

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第10話(最終回)のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/mmiak07/status/806518178893340672

https://twitter.com/myg7r/status/806517944150736896

https://twitter.com/chama_fk/status/806517771899019264

https://twitter.com/yuzora_ars125/status/806517721085054976

https://twitter.com/03YUI_chel07/status/806517580571688960

https://twitter.com/4kanaem0n5/status/806517219815407616

https://twitter.com/mykkw88221/status/806516734794469376

https://twitter.com/suda_m_t/status/806502715341668355

Sponsored Links

自分の夢をストイックに追い続ける悦子に感動したり勇気をもらったりした人がたくさんいるみたいですね。

好きな仕事ができないからといって決して現状に文句を言わなかったり、むしろ将来必ず役に立つと肯定的に目の前の仕事に一生懸命に取り組める悦子はすごいですし羨ましいと思ってしまいます。

そんな悦子のことを理解して受け入れる幸人くんがかっこよすぎますよね。

特に最後のナレーションに感動したという人も多かったのではないでしょうか。

あっという間に終わっちゃいましたね。早くもロスになりそうです・・・

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第10話(最終回)の視聴率

編集中

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。