校閲ガール3話のネタバレ感想と見逃し無料視聴法は?

校閲ガール 3話 ネタバレ 感想 見逃し 無料視聴
Sponsored Links

石原さとみさん主演のドラマ・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の第3話は10月19日(水)22時放送です。

 

2話ではまさかの校閲ミス!

しかしながら、校閲部の部員の仲間想いな一面が垣間見えました。

ミスに対しても包み隠さずまっすぐでしたね。

今回は米岡が号泣!?

といった場面もありますが、どんな展開になるのでしょうか!?

実は意外な人が意外な展開を見せる第3話になりました!

 

 

この記事では「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第3話のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

校閲ガール2話ネタバレ感想や見逃しても動画を無料で見る方法は?

かわいい衣装はこちら!!

【地味にスゴイ!校閲ガール】石原さとみの衣装はコチラ!

校閲ガールの石原さとみの衣装1話まとめ♡ダサいと噂やブランドは?

石原さとみドラマ衣装校閲ガール2話まとめ♡スカートが可愛い

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第3話のあらすじ

校閲ガール 3話 ネタバレ 感想 見逃し 無料視聴

悦子(石原さとみ)は、ファッションショーで幸人(菅田将暉)と再会。さらに彼女は、幸人が作家・是永是之だと知って、驚く。

 

そんな中、悦子は、米岡(和田正人)が担当していた人気作家・四条真理恵の小説の校閲を任される。米岡は、四条の大ファン。

感情移入し過ぎる米岡にミスが出ることを懸念した茸原(岸谷五朗)が、担当を替えたのだった。

 

その後、悦子は四条から、自分で気付かなかった作品の中の矛盾を指摘したことを感謝される。

実は、その矛盾を指摘したのは悦子ではなかった。悦子の知らない間に、誰かが四条のゲラに矛盾を指摘した付箋を貼ったのだった。

悦子は米岡の仕業ではないかと考えるが、彼に聞いても、身に覚えがないという。

 

そんな中、悦子は、米岡と一緒に四条のトークイベントに出席する。そこには、なぜか藤岩(江口のりこ)が来ていて…。

引用元:https://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/index.html

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第3話の見逃し、無料視聴のおすすめ方法

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の3話を見逃したなら無料視聴でおすすめなのが、huluです。

huluといえば今や知らない人はいないくらい有名になっている動画配信サービスです。

通常なら月額が933円かかりますが、いまなら2週間無料で見放題です!!

huluでいますぐ校閲ガールを見たい方はこちら!



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第3話のネタバレ

景凡社のクリスマスコレクションにやってくる悦子。

貝塚が現れる。

 

「是永是之にチケットをもらってやってきた」という貝塚。

そこに森尾と編集長がやってくる。

「Lassy編集長の亀井さんですよね!近いうちに伺います」と興奮気味に挨拶する悦子。

貝塚は森尾に同じように食いついた態度だ。

「あからさまなんだよ」「あんたもね」と貝塚と悦子。



ショーが始まる。

編集長の意見をメモる森尾。

 

折原がやってくる。

「あの子ね!いいんじゃない」と褒められる!

 

「いやいや、向いてないだろ」と折原を見て話す貝塚。

「まさか知り合いじゃないよね」と悦子。

「彼が作家の是永是之だよ」と貝塚。

衝撃を受ける悦子・・・

 

「えーーー!!!!!」

と会場が振り返るくらい大きいボリュームで叫ぶ。

 

ショーが終わり楽屋・・・

「世間て狭いね」と折原。は森尾に話す。

そこに悦子と貝塚がやってくる。

「河野さん騙すつもりはなかったんです」と折原。

「こちらこそ、すみません」と悦子。

『ぜいぜえ』と呼んでいたとちゃちゃを入れる貝塚。

「二度もぶつかって校閲されているって運命感じちゃいました」と折原は話す。

打ち上げにいくと森尾。

折原は「また会いたいんで、連絡先を交換してもらえますか?」と話し、連絡先を交換する悦子。

折原は丁寧にお辞儀をして去る。

喜びに浸る悦子!にやけ顏がとまらない・・・

 

・・・

 

受付でセシルに報告する悦子。

後ろから来た藤岩が悦子にぶつかる!

「テツパン怖〜」とセシル。

話の流れで悦子のあだ名になり「オシャかわ」と呼んでいると話すセシル。

慌てて百合はセシルの足をどつく!

「おしゃれでかわいいって意味です」とその場をやり過ごす。

 

・・・

ゲラを見ながら泣いている米岡!

好きな作家・四条真理恵のゲラを見て感動のあまり泣いていたのだ!

茸原は好きな作家の校閲はしないルールになっていることを話す。

しぶしぶ米岡はゲラを悦子に渡す。

 

Lassy編集長・亀井はショーで残った3人のアピールポイントを担当に聞く。

他の二人に比べて、森尾は折原のアピールポイントは大学生と話す。

本人の希望で作家であることを隠していると話す。

 

悦子と米岡は昼食を食べている。

悦子は好きな作家の校閲をできないのは拷問だといい。

「できるようにすればいいのに」と話す。

そこに藤岩がくる。

好きな作家を聞かれた藤岩は「校閲に影響がでないように、好きな感情を封印している」という。

 

「おはようございます!!!」

大きい声で正宗がはいってくる。

「凄いこれ役にたったんで・・・」と米岡に話す正宗。

突如「はーっ!」と声を上げる米岡。

ニヤニヤしながら米岡を見つめる悦子。

どうやら何かに気づいているようだ・・・

 

「こーえつ」

「お前またやったな!」と貝塚が校閲部にくる。

四条先生が校閲に会いたいと言ってると話す貝塚!

 

四条の家にやってくる貝塚と悦子・・・

「はじめまして」と四条と悦子は挨拶する。

 

・・・

 

椅子に座る悦子。

四条は付箋に感動してと今回読んだ理由を話しだす。

そこには18年前の設定と違うことを指摘した付箋が貼られていた・・・

設定を忘れてたという四条。

「デビューの頃もしかしてファンレターを送って下さった方?」と話すが否定する。

「その指摘には本当感謝している」と話す。

その後、ワインを振る舞うトークショーに招待される悦子。

 

帰り道・・・

付箋をつけたのは、私じゃないと明かす悦子。

悦子を褒めていた貝塚はなんだよと話す。

 

・・・

「米岡さんでしょ!!」と話す悦子。付箋を叩く。

しかし、自分ではないと話す米岡。

悦子からチケットをもらいうと「きゃー!!いくー!!」と喜びの声を上げる。

「じゃあ、誰が・・・」と悦子は疑問を抱く。

 

「げー、やっちった」と折原。

「これ使えばと話す」と森尾がヘラを出す。

「あとこれ」とエプロンをかける森尾。

あくびをする森尾。

「もしかして今起きたの?」と折原は笑う。

「パスタ食べる」と折原は森尾に話す。

 

「こうのっち」「よねおかっち」とお互いを呼び合う二人。

四条のイベントに来ていた。

「よねおかっちっててやめてくれない」と米岡は急に冷静に!笑

「ってかそっちがよんだんでしょ」と悦子は怪訝そうに突っ込む。

 

「あの人また来てる。あの窓際の人!四条先生のイベントにいくと毎回いるんだよ」と話す米岡。

「どこで服買ったんだろ」と女性に近づく悦子。

 

「・・・え・・・藤岩さん」

藤岩はワイングラスをテーブルに起き走り出す!!

 

「同行願えますか」と悦子と米岡は藤岩を確保する!!

 

・・・

 

「証拠は上がってるこれはあんたの仕業だね」とおでん屋で話す三人。

 

「そうです・・・」と藤岩。

 

デビュー作から四条先生のファンであると話す藤岩。

過去にはデビュー作が受賞できなかったことから抗議文まで送ったことを明かす!

 

「こうのっちと一緒」と話す米岡。

「一緒にしないでください」と話す藤岩にすぐに反論する悦子・・・

 

「ばれたらいけない」といいつつも、「正直な気持ちを言えば校閲したい」と話す藤岩・・・

それより、悦子は着ている服が気になる様子だ・・・

 

森尾は編集長からいわれたことを思い出す。

折原になんで覆面作家を貫いたか聞くと・・・

「高校生のとき周りがサッカーやバンドしていたのに恥ずかしかった」と明かす折原。

「高校生じゃないんだし公表してもいいんじゃない」と森尾。

折原は「料理でいいなんじゃない」と公表する気はないようだ。

「それよりどんな小説書いているの」と森尾が聞くと「読んでみる?」と折原。

 

・・・

悦子は四条の家を訪ねる・・・

 

・・・

「は!寝てた・・・」

タイトルを見てわけわかんない・・・と森尾。

リビングに向かう。

 

「もう読んだの?どうだった」

「・・・シュールでよかったよ」

「そっか・・・」

「私お風呂に入ってくるね」と森尾。

原稿を見つめ、折原は空を眺める。

 

・・・

 

「はい、先生そういうことでしたら・・・」と茸原部長は電話を切る。

「藤岩さん。次はこれをお願いします・・・」

「四条先生の再校」

 

驚いた藤岩は「体調が・・・」と話す。

「それは困りましたね・・・」と部長。

 

「私にはできません!それが校閲のルールです」と話す藤岩。

悦子は藤岩に好きならやればいいといい、

「本に恋するメガネザルさん」と悦子藤岩を呼ぶ。

「わー!!!どうしてその名前を・・・」と慌てる藤岩。

悦子は四条先生からペンネームを聞いたようだ。

「あの校閲は藤岩さんにしかできない校閲なんですよ」と説得する悦子。

 

好きな作家の過去の話をしっかり読み込んでいないと設定の違いはわからないからだ・・・

 

茸原は「四条先生の再校お願いできますか体調が良ければですが・・・」と再度聞く。

「喜んでやらせていただきます」と藤岩!

悦子はニヤついていた・・。

 

・・・

「うん、会いたいってば」と森尾は携帯で話す。

振り向くと・・・

後ろに悦子がいた!

驚く森尾!!

「ふーん、彼氏いたんだ・・・」と悦子はニヤニヤしている。

 

おでん屋で森尾と話す悦子。森尾から折原のことを聞かれると・・・

まだ本気かはわからないとしつつ、

「ただ言えるのはあの顔をただ頻繁にみていたいだけ」と悦子。

「男は顔じゃねーぞ。ここだぞ!」と大将は胸のあたりを叩く。

「はい出た!」と中身ももちろんだけど、顔も大切であることを話す悦子。

どうやら顔というと否定される風潮が気に入らないようだ。

森尾は上の空だった・・・

 

折原は原稿を机におく・・・

ソファーに横たわり、天を仰ぐ。

納得がいって様子だ。

 

「四条先生の本が丸山賞にノミネートされた」と話す貝塚。

「四条先生が藤岩を自宅の待ち会に招待したい」と話す!

最初は断る藤岩だったが、周りに押されて参加することになる!!

 

「ところで、待ち会ってなに」と悦子。

『ズコー』となる一同。

 

待ち会の内容を聞き、取れなかった時のことを話す悦子。

「四条先生は必ず取る」と藤岩。

 

待ち会当日・・・

悦子は気合が入っている様子だ。

米岡から「藤岩さんどうされるんですか」と聞かれると、「このままです」と藤岩。

スーツは正装であることや「おしゃれしないといけないほど中身は空っぽでない」と話す藤岩。

米岡はそれじゃ悦子がからっぽのようだと笑う。

そして、きわめつけは、「おしゃれをするとバカになる」と父母からいわれたことを明かす。

「なっ、なんじゃそりゃ」とドスの利いた声で悦子は話すと・・・

藤岩のそでを引っ張り、森尾の元へ!

「服貸してくれない」と頼み込む。

森尾は「撮影で使ったやつなら」と話す。

 

・・・

 

「この中からなら」と森尾。

「メイクとかできる場所ない」と話す悦子に打ち合わせ室を使っていいと話す森尾。

黙って見つめる藤岩・・・

 

セシルは藤岩のメイクをするためにやってくる。

「セシルってBAのほうが向いているんじゃないの」と話す悦子。

「彼氏にもそうと言われた」とセシル。

悦子は彼氏がいることに驚きつつも毎週合コンしている理由を聞くと彼氏以外にいい人がいないかと探しているようだ・・・

会話の中でセシルは突如・・・

「はは、テツパンさん面白い・・・」

・・・

空気が凍る!!

「あんまり気にしないほうがいいですよ」と悦子。

「テツパンと呼ばれたことは知っています」と話す藤岩。

意味を話す・・・

 

悦子は手を汚してしまった・・・

洗いに行ってくると席をはずすと、探し物をしている女子が二人藤岩の元にくる。

 

「テツパンが化粧してた!笑」と話す二人・・・

「おしゃれしてもかわらないよね」と笑う二人の横を悦子が通りすぎる・・・

 

「ちょっとまって、あなたたちテツパンてどういう意味か知っている」と悦子は怒鳴る!

校閲で得た知識をスラスラと話す悦子!

「SMの趣味があるんじゃない」と笑う女子たちに、

「ちげーよ!」とテツパンはとても魅力的な女性のことを指す言葉だと怒鳴る。

「意味も知らねーのに影でこそこそ呼ぶんじゃねーよ!若いだけの女が!」と悦子。

二人は「な、なに、いこ」とその場を立ち去る。

 

「ありがとう」と藤岩。

「いいんですよ」と悦子。

藤岩は「河野さんは影でおしゃかわと呼ばれているの知ってますか」と聞く。

「おしゃれでかわいいって意味でしょ」と話す悦子。

しかし、本当の意味はおしゃれして意味がない地味でかわいそうな部署にいるという意味だった・・・

 

体より心が寒いと話す折原。

華やかなモデルが裏ではパンイチになっていることを知る。

「さっきの河野さんすごかったなー」と話す折原。

隣の廊下で聞いていたのだ。

「先輩って昔からああなんだよね」と森尾。

「かっこいいね」と折原。

「えっ」

森尾は驚く・・・・

折原は撮影に向かっていく。

 

「ここが四条先生のお住まい・・・感激で倒れそうです」と藤岩。いよいよ待ち会だ。

「先生のところに挨拶しましょう」と悦子が後ろをむくと・・・

角に藤岩が隠れている!

「私のようなものがくるところではないです」という藤岩を連れて行こうとする悦子。

 

電話が鳴る!

 

四条を携帯を受け取る!

「わかりました」

「丸川賞、いただきました」

拍手が沸き起こる!

「みなさまのおかげです。ありがとうございました」と挨拶をする四条。

 

「河野さん」と四条が悦子のもとにやってきた。

藤岩を紹介する悦子。

「本に恋するメガネザルさん、ずっと20年前から会いたかったわよ」と四条。

藤岩は動揺している。

「あなたのおかげよ」とファンがいたからこそ小説を書き続けてきたことを明かす四条。

「藤岩さんがこんなに素敵な方だったなんて、あのペンネームからは想像できなかったわ」と言われさらにあわあわする。

「これからはお仕事の上でもよろしくお願いします」と二人は握手する!

 

校閲部・・・

四条がテレビでインタビューに答えている様子をスマホで眺める悦子たち。

 

藤岩は悦子にスタイリングしてもらったことにお礼をいい、ファッションは気分を高揚させるものだと肯定的な考えに変わる。

 

悦子は「部長、Lassy編集部にそろそろお願いします」と校閲部の前で堂々と話す・・・

「こういうこといわなければ同僚としてもう少しお近づきになれたんですが!」と藤岩はその場を去る!

「お疲れさまでした〜」と1日の仕事が終わる。

 

「河野さん」と折原。

「もうお仕事おわったんですか」

「よかったら今から汗流しませんか」と折原・・・

悦子は時間がなくても行きますと答える。

 

二人は卓球をしている・・・

「好きだからできることがある。いい言葉ですね」と折原。

会話を続ける中で、折原は本当に聞きたかったことを切り出す!

「河野さん、おれの本、面白かったですか?」

「河野さんなら本当のこと言ってくれると思って聞いてます」

・・・

・・・

「つまらなかったです!」とスマッシュする悦子・・・

折原の顔色が変わる・・・

悦子はシリアスな表情になる・・・

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第3話のネタバレまとめ

  1. 米岡は作家の四条が好きだが好きな作家は校閲できないルールとされていた
  2. しぶしぶ悦子にゲラを渡す米岡。悦子は校閲後四条の自宅に招かれる
  3. 理由は付箋に18年前の作品と設定が違うことが書かれていたからだった
  4. 米岡の仕業と思い悦子は尋ねるが違うことがわかる
  5. 四条から誘われた。トークショーに行くとそこにはなんと藤岩の姿が!!
  6. 付箋を貼ったのは藤岩だった!実はデビュー作から四条のファンだというのだ
  7. 悦子の計らいで藤岩は四条の再校を任され待ち会にも招待される
  8. 四条は賞を受賞する。藤岩は念願の四条と対面し、喜びに包まれる
Sponsored Links

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第3話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/satomi_loveouen/status/788730096932618240

https://twitter.com/momomorin_ch/status/788753319820800000

https://twitter.com/RYONA_1026/status/788746084478693377

https://twitter.com/furuyama87/status/788742619564126209

https://twitter.com/SudaMasa_gensen/status/788740768655704065

https://twitter.com/SudaMasa_gensen/status/788738211334000640

https://twitter.com/miwahoran_/status/788770984597651456

https://twitter.com/cocoatoon/status/788770110324342784

かなり反響の大きい校閲ガール!

石原さとみさんの可愛い衣装に爽快なキャラや演技。

本田翼さんのアンニュイな感じや菅原将暉のパンイチ姿など見所が盛りだくさんですね。今回もかなりの視聴率が期待できそうです!!

Sponsored Links



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第3話の視聴率

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第3話の視聴率は12.8%でした。

ドクターXには劣るものの、シリーズ物ではない視聴率としてはかなり順調です!

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話(次回)のネタバレ感想

校閲ガール4話見逃し動画無料視聴方法とネタバレ感想

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。