校閲ガール4話見逃し動画無料視聴方法とネタバレ感想

校閲ガール 4話 見逃し 動画 無料視聴 ネタバレ 感想
Sponsored Links

石原さとみさん主演のドラマ・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の第4話は10月26日(水)22時放送です。

 

是永是之が幸人であるとわかったり、藤岩がまさかの姿を見せた3話!

少しずつ幸人との距離も近づきついに・・・といった第4話ですが、今回は森尾と幸人がキス!?

一体どうなっちゃうんでしょうか?

 

この記事では「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第4話のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

校閲ガール3話のネタバレ感想と見逃し無料視聴法は?

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話のあらすじ

校閲ガール 4話 見逃し 動画 無料視聴 ネタバレ 感想

悦子(石原さとみ)は幸人(菅田将暉)に誘われ、二人きりで食事をすることに。幸人との初デートに、悦子は大喜び。

一方、森尾(本田翼)は幸人に、『Lassy』専属モデルに選ばれるために、是永是之の名で小説を書いていることを公表した方がいいと勧める。しかし、幸人は承諾しない。

そんな中、悦子は、人気女優・杉本あすかの自叙伝の校閲を担当。

 

自叙伝の内容を確かめるため、悦子は彼女が幼少期を過ごした町へ。

あすかの実家の周りを歩いていた悦子は、あすかの姿を隠し撮りしようとする男を発見。彼は、山ノ内というゴシップ誌の記者だった。

 

その後まもなく、あすかに隠し子がいるというスクープ記事が発表される。

その記事を書いたのは、山ノ内だった。

スキャンダルの余波で、あすかの自叙伝は出版中止の危機に。あすかが釈明会見を開くと聞いた悦子は、思いもよらない行動に出る…。

引用元:https://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/index.html

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話の見逃し、無料視聴のおすすめ方法

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の4話を見逃したなら無料視聴でおすすめなのが、huluです。

huluといえば今や知らない人はいないくらい有名になっている動画配信サービスですよね!

通常なら月額が933円かかりますが、いまなら2週間無料で見放題です!!

huluでいますぐ校閲ガールを見たい方はこちら!



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話のネタバレ

「なにこれ!なんなのこのお婆!!」

夏木夏子の校閲をしていた悦子は思わず声を上げる!

丸川賞を22歳で受賞した大作家だと説明する米岡に「21歳」と訂正する藤岩。

グルメの本であるにもかかわらず『威風堂々』などわけのわからない表現をしたゲラを校閲した悦子だが、夏木からの返答は反発的な内容だった。

 

すると部長が突然悦子に体操をさせる。

「夢への扉はもう半開きですよ」と部長!

部長から指示を受け電話を取る悦子。

それは夏木夏子からの電話だった!!

「あなたが校閲さん?私夏木夏子ですが!直接校閲さんに申し上げたいことが・・・」

長電話に付き合わされる悦子・・・

いよいよ悦子のボルテージが上がってくる・・・

悦子はコピ・ルアクの生産方法の説明を早口で捲し立てる!!

(コピ・ルアクはジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆)

「うんこから出た豆が爽やかで清々しい朝の味という表現でいいんですか!!??」

といってしまう悦子・・・

 

・・・

「魂が溶け出しそうですね・・・」と話す米岡。

悦子は落ち込んでいる・・・

「本当にもう終わりだ」と話す悦子。

すると幸人から電話がかかってくる!

「え、幸人くん!幸人くん!どうしよう!!」

悦子は夏木のことではなく幸人のことで落ち込んでいたようだ!笑

「あ、仕事中ですか?」

「あ、全然大丈夫です!」と乙女モードの悦子。

「あの、急なんですけど今日なにしてますか?」

「ええ〜」と悦子は笑顔で米岡の方を向く。

 

・・・

 

「今日はオーラが白っぽいですね」と話す。

幸人からするといつも悦子は黄色っぽいようだ。

 

「今日私のおごりだから」と上機嫌になる悦子。

「なんか河野さんといると嫌なこと忘れちゃうな」と幸人。

 

「えっちゃん、そこのからしとって」と幸人は呼び方をかえる!

「えっちゃ・・・」悦子幸せオーラ全開だ!

と、電話がなる

悦子が電話にでると・・・

貝塚から三色ボールペンがないという電話だった・・・

仕事にならないという貝塚に悦子はなんでそんなことで!とご機嫌斜めに・・・

 

すると幸人にも電話がかかってくる。森尾からだ。

「あ、幸人帰りに買い物お願いできる」とトイレットペーパーの買い物をお願いされる。

「シングル?ダブル?」

「固め?柔らかめ?」と質問する幸人。

「色は・・・うーんピンクにするね・・・」

その様子を見た大将は幸人が二股していると勘違いして驚きの表情を見せる。

 

・・・

翌日の会社・・・

「てなわけで一回めデート大成功!」とセシルに話す悦子。

「どこが成功なんですか?」と話すセシル・・・

 

・・・

「たこたこたこたこ!!」と貝塚に連呼する悦子。

電話をきると悦子は焦る!

しかし、幸人はあまり気にした様子を見せず「これ美味しいよ」「たこ」

とたこを食べている。

幸人の寛大さに感動する悦子は再び上機嫌になる。

 

・・・

幸人くんはそんなの気にしないという悦子は超ポジティブだ。

 

「これ超絶恥ずかしいわ」と幸人は自分の写真を見て話す。

全国区で出ると話すに森尾。

しかし、幸人はすぐに立ち直る。

「小説読まれる方がよっぽど恥ずかしいしね」と幸人。

 

「で、そろそろ決心ついた?」と森尾。

「将棋男子とかどう?」と将棋の話をしたり、

「じゃあこれは」と片耳だけ動かす幸人。

「片耳動く系男子」

「ルービックキューブ男子は?」「おれ5分でそろえられるよ」

「いまどきっぽくなくて良くない?」と幸人は作家であることを明かす気はないようだ・・・

 

「もうわけない弱虫チッチから卒業するの?」と悦子。

「うるさい!」と藤岩は一蹴する!

 

 

そこに正宗がやってくる。

米岡は正宗から兄に似ていると話され「兄と呼んでいいよ」という。

 

「杉本あすかってすごいわ!」と悦子。

自叙伝を見て心動かされる。

「インターネットの情報には気をつけないといけない」と話す藤岩。

藤岩に同意して外に出てく悦子は現地調査するというのだ。

 

「似てますよね」と部長は話すが、「誰が!」と藤岩。

部長は藤岩と悦子の共通点に気づいていた・・・

「似てますよね」と青木は声を変えてつぶやく。

 

外に出て行く悦子は受付近くで幸人に会う。

話しているとそこに森尾がやってくる。

「なんで校閲が外回り?」と森尾。

「あるんじゃない、えっちゃんなら」と幸人。

「え?えっちゃん」と驚く森尾。

 

・・・

 

悦子は現地調査をする。

「杉本あすかは本当に女優になりたかったんだな」と呟くえつこ。

杉本あすかの家の前でくると車が出てくる。

その中には杉本あすかが!

 

と、車の中で杉本あすかをカメラで撮っている男を見つける。

「盗撮!」と車のドアをあける悦子。

男は車から落ちてしまう

「あ、ごめんなさい!」と驚く悦子に、

「名刺出せ業務妨害」と男はかなり柄が悪そうだ・・・

「おい、名刺よこせ、早く」と言われしぶしぶ名刺を渡す悦子。

「景凡社?」

「校閲部だな、人のアラさがして、金をもらう、最低の仕事だな」と男は悦子を罵る。

「おれの仕事と一緒だ」という男は記者のようだ。

「一緒にすんな!」と悦子。

 

・・・

 

部長に報告する悦子。

景凡社の一員であることを忘れないよういと注意する部長。

 

こいつ・・・

杉本あすかは週刊誌に載っていたのだ。

週刊誌には昨日の男・山ノ内の名前があった。

「これもだ・・・」

 

「彼どう?」と編集長から作家ことをオープンにできるか聞かれる森尾。

森尾が現状を話すと、「どんな手をつかっても落とさないともうないわよ」と編集長から話される森尾・・・

 

「なになに?おれ」と貝塚。

森尾は貝塚の元を訪れる。

「貝塚さんなら、彼を説得できると思いますよ」と森尾。

貝塚に幸人を説得するように頼みにきたのだ。

「お互いに利用し合えると思えるんです。どうかお願いします」

「ごめんなさい」と貝塚。

デビュー作から担当している是永是之が、それ以上の作品が書けていないことを話す貝塚。

「だから、ごめんなさい」と作家としての折原を応援したいと話す。

「お詫びにメシでもいかない?」と話すが森尾の表情をみて、諦める貝塚。

 

・・・

男は写真をとっている。

そのシャッター音向こう側には子供の姿が・・・

 

次の日・・・

「杉本あすかに隠し子!?」

驚くえつこ。

週刊往来がすっぱぬいたらしいと校閲部でも朝から持ちきりだ。

 

悦子は理科のドリルの校閲を部長から指示される。

「ドリル?簡単じゃん」と話す悦子だが、

「ドリル校閲をなめてはいけません」と藤岩。

ドリルの校閲のレベルの高さを話す。

とりあえずドリルを先にやってくださいと部長。

杉本あすかの自叙伝は発売中止になるかもしれないと悦子は話される。

 

・・・

 

やっぱりあいつだ。

本当にムカつく・・・

悦子は週刊往来を見て山ノ内の名前を発見する。

 

「大将、今日のおでんちょっとしょっぱくない」と悦子。

おれの涙が入っていると大将。

米岡と悦子は飲みにきている。

「ねえねえねえ、こうのっちそれなに〜」と米岡は悦子の荷物に注目する。

「もしかして仕事もちかえり〜」と米岡。

 

悦子は自宅で、杉本あすかの自叙伝を読む。

涙する悦子・・・

「え・・・嘘・・・」

 

・・・

おはようございまーす。

悦子は丸いサングラスをしている。

米岡から話しかけられると、「今朝のトレンド流行ってるの世界的に」

「なるほど」と話す藤岩。

藤岩が食いついてきたのに焦った悦子は目が腫れてるんですと正直に話す。

ファッションは校閲に必要ないという藤岩だが最近メイクしてるという話を出されて焦る!

 

「部長、杉本あすかの自叙伝なんですけど・・・」と悦子が話すと

部長は杉本あすかが釈明会見を開くことを話す。

「引退会見!?」ネットの記事には杉本あすかの会見に言いたい放題だ。

「なんで・・・そんなのだめだよ・・・」

と悦子はいてもたってもいられずに・・・

「校閲先輩どこいくんですか?」

・・・・「納得いかないから」と悦子は走り出す。

 

「えっちゃんどっか行くの?」と車の中から幸人に声をかけられる悦子。

ちょうど車を撮影のため、杉本あすかが会見するテレビ局に向かうものだった!

「乗せてって下さい!お願いします」と強引に悦子は乗り込む。

 

「杉本あすかの会見に?いってどうするの」と幸人。

それは・・・と悦子。

「今えっちゃんならできるって思っちゃった。おれも変かもね」と幸人は穏やかに話す。

 

「ありがとうございました!!」

「頑張ってね!」と幸人は悦子を送り出す。

 

悦子は男の手を掴む。記者会見場の前には山ノ内の姿があった。

「あんたのせいで・・・」腕を掴む悦子。

山ノ内は振り払う。

「怪我って嘘?」と悦子。

記事のことを話すが、

「これもおれの仕事のうちだ」と言われる。

事実は子供がいたことだけでその他は湾曲されていることを話すが、

「それは事実だ」と子供がいたことを棚にあげる山ノ内。

「事実なんてどうだっていいんだよ」

「おれが書けば真実になるそれでいいんだよ」

山ノ内の言葉に怒りを隠せない悦子は杉本あすかのおいたちを話す。

 

『家での友達はテレビだった・・・』

杉本あすかはテレビでみたドラマの役を公園で演じることで寂しさを紛らわしていたのだった。

「たった一行の妄想で、人の人生を夢を壊すな!」

悦子は大きな声で山ノ内に叫ぶ!

「陰でこそこそ子供つくっていた女優に・・・」とあすかのことを話す山ノ内。

「違う!」

「その小さなぬくもりを抱きしめたときに、私は全てを手放していいと思った」

猫のユリカは子供のことであると明かす悦子。

「出処はどこだ」

「自叙伝から・・・」と答えてしまう悦子・・・

しまった・・・

 

「入稿所お願いします」と悦子は会見上に入れず止められてしまう。

 

仕方がなく、悦子は外でスマホで会見を眺める・・・

 

・・・

 

悦子は様々な場所から、入ろうと試みるが警備員が追ってくる。

杉本あすかは会見で記者からの厳しい質問に答える・・・

「山ノ内と申します」

山ノ内が質問する番になる!

「子供の父親については・・・」と父親について触れる山ノ内。

「一般の方なので、明かせません」とあすか。

「明かせないのは別の理由があるのでは」と話す山内。

「子供の父親が特定できなかったからではないですか?」

「え?」あすかは驚く。

「清純派女優にストレスを感じていたあなたは男に走った」と山内。

「違う、違います」とあすかは否定する。

「そして、猫のユリカとしてとの子を産んだ」と山ノ内。

「あんだ一人の人間としてその子の責任を取れると思って産んだのか」

「子供は自分がリラックスするための動物じゃねえんだよ!!」と山ノ内は厳しい言葉を浴びせる。

 

悦子は一瞬の隙をついて、中にはいることに成功する。

 

杉本あすかは山ノ内の話を聞き倒れてしまう・・・

そこに駆け寄る悦子!

「救急車呼んでよ!」

悦子が叫ぶ姿がテレビに放送される!

 

「すげえ、えっちゃん!」と幸人は携帯を眺めている。

 

会見後・・・

「あんたって最低・・・最低!」

「なんとかいいなさいよ!」と悦子。

山ノ内は「ああ、最低だよな・・・」といい残し寂しそうに会見場を後にした・・・

 

「私なにしてるんだろう・・・」と悦子が校閲部に戻ると・・・

「またまたやってくれたな〜」「校閲」と貝塚が話しかけてくる。

 

悦子スマホをみせられると、そこには杉本あすか支持の声がSNSにあふれていた・・・

 

杉本あすかは病院で寝ていた・・・

回想・・・

「どこまでついてくるんですか?」

「おれには関係ねえよ、あんた人気もんだ、人気もんには興味があるんだ」と山ノ内。

「じゃあ、ただ我慢しろっていうんですか?」

「ああ、やめちまえよ。ここで終わったらその程度ってことだ」

・・・

「この程度じゃ・・・終わりませんよ!」とあすか。

「ユリカ、これからはお外で遊べるね」

あすかは子供を抱きしめる。

 

・・・

部長が近づいてくる。

「山ノ内のことですか?」と悦子。

部長は杉本あすかは予定通り本出せることになった悦子に話す。

そして、夏木の本を見せられる悦子。

「夏木夏子!いやいやいや」と拒否する悦子だが、

「夏木夏子さん、ちゃんと直してきましたよ」と部長から言われ悦子は本を取る。

 

そこに貝塚がやってくる。

三色ボールペンが見つかったというのだ。

ちょっかいをだしてくる貝塚・・・

 

「つかれたー!」

「10、9、8、7、・・・」と悦子はおでん屋までの歩数を数える。

おでん屋に入るやいなや悦子はカウンターに倒れこむ・・・

 

「えー!!」と驚く悦子。

「きちゃった」とそこには幸人の姿があった!

 

森尾は電話している・・・

それってあなたに家族がいるから・・・

と、彼は結婚している人のようだ。

 

「いやー!大将もう一杯!」とぐびっと悦子はお酒を飲み干す。

幸人の話になると、

「なんで幸人くん覆面作家なの?なんでこんなにイケメンで美しいのに顔隠す必要があるの!?」と悦子は食いつく。

常連から「経歴、素生で作品を評価されたくないからだ」と教えてもらう悦子。

それに対して悦子は、

「モデル兼作家最高じゃん!」

「文武両道って感じがするし!」

と悦子はテンション高めで話す。

その言葉に感化される幸人!

 

幸人が家に帰ると森尾はテンションが低い・・・

 

「ごはんは?」

「まだ」

「なんかつくろっか」

森尾の反応は薄い・・・

「シャワー借りていい?」「ねえ、元気ない?なんかあった」

「別に。」

「あ、うそ」「女の子になにか聞いて別にだったっことないよ」と幸人。

「どうしたの?」と眺める。

「あ、そうだ、例のことだけどさ、おれが是永是之だってこと公表してみるよ」

「文武両道だって、モデルと作家、文武両道、やってみる!」

森尾の反応は薄い・・・

「えー、もう遅かった。」

「よかった」と森尾。

「笑った」と幸人は安心する。

「えっちゃんがモデルと作家文武両道でなんかいいねって・・・」

「使い方全然間違ってるけど、なんか『すとん』と落ちたんだよね」

「まっすぐな人っているけど、えっちゃんみたいにとことんまっすぐな人、珍しいよね」と幸人。

 

森尾は「幸人シャンプー切れてたかも」と話す。

「おれ買ってくるよ。とドアを出ようとする幸人を森尾は振り向かせ・・・

キスをする!

「恩を返して・・・」

そう言ってもう一度キスをする森尾・・・

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話のネタバレまとめ

  1. 悦子は幸人の小説をつまらないと言ってしまったことを後悔していた
  2. しかし、幸人からデートのお誘いが!喜ぶ悦子
  3. 仕事では、杉本あすかに隠し子がいたことが発覚!
  4. 自叙伝の校閲を担当していた悦子はいてもたってもいられずに会見場に行く
  5. すると隠し子を暴露した山ノ内に出くわし自叙伝のことを漏らしてしまう悦子
  6. 山ノ内は会見で杉本あすかの自叙伝の内容に触れ子供のことを罵倒する!
  7. あまりのショックにあすかは気を失ってしまう・・・
  8. しかし、駆け付けた悦子の影響かSNSではあすかを支持する声で溢れることに!
  9. 大御所作家・夏木夏子の校閲も上手くいき疲れて帰ると幸人がおでん屋に来ていた
  10. 幸人にモデル兼作家は文武両道じゃん!と話すとこれまで覆面でやっていた幸人はモデル兼作家で活動することに前向きになる
  11. 森尾に報告すると幸人は森尾からキスをされる・・・
Sponsored Links

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/aaamymh/status/791343413098491904

https://twitter.com/14pink_h/status/791339351175155713

https://twitter.com/177522369844521/status/791338241479708672

https://twitter.com/sakitty0623/status/791332466602541056

https://twitter.com/tap9293/status/791291733006884864

Sponsored Links



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話の視聴率

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第4話の視聴率は11.2%でした!

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第5話(次回)のネタバレ感想

校閲ガール5話見逃し動画無料視聴方法とネタバレ感想

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。