校閲ガール6話のネタバレ感想と見逃し動画無料視聴方法

校閲ガール 6話 ネタバレ感想 見逃し 動画 無料視聴
Sponsored Links

石原さとみさん主演のドラマ・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の第6話は11月9日(水)22時放送です。

 

前回はまさかの森尾と幸人の同棲(?)がバレてしまい・・・

今回は波乱の展開!?

気になる校閲ガールの6話!見逃せません!

 

この記事では「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第6話のネタバレやみんなの感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。

前回のネタバレはこちらからご覧下さい〜。

校閲ガール5話見逃し動画無料視聴方法とネタバレ感想

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第6話のあらすじ

幸人(菅田将暉)が森尾(本田翼)と同居していると知った悦子(石原さとみ)。

彼女は、恋人でもない女性の家に間借りをする幸人の感覚が理解できずに悩む。

幸人がどんな人間なのか確かめたい悦子は、彼を尾行することに。幸人は、悦子を困惑させるような不思議な行動を重ねるのだった。

 

恋でモヤモヤする悦子、仕事では子供向けの新雑誌『月刊こどものべる』に掲載される小説の校閲を任される。

その小説は言葉遣いが難解で、子供が理解できる内容ではなかった。悦子が編集担当の貝塚(青木崇高)に意見すると、彼は悦子に反発。

 

衝突する二人の前に、バイク便の男性が現れる。彼は、かつて作家志望で貝塚が担当していた桐谷だった。桐谷は、貝塚を恨んでいた。

そんな中、『月刊こどものべる』に掲載予定だった小説の作者が作品を引き上げると言い出して掲載できなくなり…。

引用元:https://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/index.html

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第6話の見逃し、無料視聴のおすすめ方法

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の6話を見逃したなら無料視聴でおすすめなのが、huluです。

huluといえば今や知らない人はいないくらい有名になっている動画配信サービスですよね!

通常なら月額が933円かかりますが、いまなら2週間無料で見放題です!!

huluでいますぐ校閲ガールを見たい方はこちら!



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第6話のネタバレ

気まずい森尾、折原、悦子。

セシルは気にせずトマトキムチ鍋を振る舞う・・・

セシルは明るく振舞うが、雰囲気を察し黙る・・・

 

森尾は悦子に事情を説明する。

『ただの同居人』と森尾は折原に同意を求めるが、折原だまったままだ。

「えっちゃん、ごめんね・・・とにかくごめんなさい・・・」

悦子は突如「いただきます!」と明るく振舞う。

悦子は森尾の話を信じることにした様子だ・・・

 

・・・

部長が新しい子供向けの雑誌を出版することになったと話す。

藤岩は付録の校閲をすることになる。

部長が説明すると悦子は「私やりたい!」と悦子。付録の校閲を藤岩から取ろうとする。

 

帰り道、森尾は悦子に偶然会い、驚く・・・

この間はすいませんでしたと話す。

悦子は全く気にする様子はなく森尾のバックがおしゃれだと話をそらす。

 

セシルは絶対に幸人にあっちゃダメだと話す。

しかし、悦子は全く疑う様子を見せない・・・

セシルは疑ったほうがいいのに・・・と話す・・・

 

「ありえない、ありえない、絶対にありえない・・・」

悦子はトイレで自問自答する・・・

「あーもうー」と話すと隣から「あーもう!!」ともっと大きな声が聞こえて来る。

「お前か、タコ」と悦子。それは貝塚だった・・・

 

・・・

 

おでん屋に来ている貝塚と悦子。

二人とも元気がない。

そこに折原が現れる。

「幸人くん」

「えっちゃん、こないだのことなんだけどさ・・・」

「これながくん!」と貝塚。

折原は是永是行が電話にでなかった理由を聞くが気まずくなったと幸人。

 

貝塚は折原をバーにつれていく。

 

貝塚は編集長とのやりとりを思い出す・・・

「こっちは作家の才能、守ろうとしてんだよ」と呟く。

 

「ってかおれ作家向いてるんすかね」

「おいおいおい勘弁してくれよ!今更かよ」と貝塚。

 

悦子は戻ってこない幸人のことを考えていた。

大将は悦子のことを心配して近くに座り話かける。

正反対の悦子と折原のことを話し、「だから好きになちゃったんじゃないかな」と話す。

「そうかもしれない」

悦子は妙に納得する。

 

・・・

「なんなんだよこれ!!」

と悦子。

子供向けの雑誌なのに難解な文章に難色を示す悦子。

藤岩は難解な文章を読み言葉を覚えるのが本というが、悦子は納得いかない。

編集の貝塚の元に行くことにする。

 

次々と事実確認に出かける部員たち。

「みなさんお出かけが多すぎます」と藤岩。

部長はでも、みんな最近いきいきしていると諭す。

 

悦子が外に出ようとすると受付に折原がいる。

すると子供がこけてしまう。

「どうしたの?こけちゃったの?びっくりしちゃったね」

子供をあやす幸人を見た悦子はときめいてしまう。

「やっぱりどストライク!」

セシルはやめるようにいうが・・・

「あんなどストライク、中身までどストライクに決まってる!確かめなきゃ!」

「ちょっと、校閲先輩?」と心配そうな顔で悦子を眺めるセシル。



・・・

 

折原の生態を確かめる悦子。折原を尾行していた・・・

 

子供達と腕相撲しているとオリンピックメダリストの三宅が現れあっさり腕相撲で折原に勝ってしまう。

 

貝塚が現れて「なにやってるんっだよ」と話かけるとそうかもしれないと悦子は我に帰る。

 

・・・

悦子は西園寺先生に趣旨を確認したか話すが、説明したと話す貝塚。

しかし悦子は、西園寺は乗ってないと話す。

興味ないなら読まなければいいと話す貝塚。

貝塚は看板作家だから西園寺がいないと売れないという。

 

「その人売れるためならなんだっていいんですよ」と桐谷が入ってくる。

「桐谷さん!」と貝塚が話す。

桐谷は昔貝塚が担当した作家。今は郵便物の配達員だ。

桐谷は「数ある作家のうちのひとりだったんでしょう」と言い去っていく。

 

その夜貝塚は桐谷のアパートの元を訪れる。

頭を下げる貝塚。

 

・・・

 

貝塚はアパートにあがる。

「まだ書いてるんですね」

桐谷は昔の自分に「そんな努力、他に時間を使え」と言ってやりたいという・・・

「桐谷さんには才能がありました」と貝塚。

自分が桐谷の才能を押しつぶしてしまったと、いろいろ言いすぎたと話す。

「よくそんな傲慢なこと言えますね」

「書いてる本読ませてください」と話すが、

「帰ってください」と桐谷。

 

・・・

悦子は難しすぎるこの校閲・・・

と悩んでいると折原から電話がかかってくる。

「何かしてた?」と聞かれ、

昼にやり残した仕事をやってると正直に答える悦子。

「じゃあ」と電話を切ろうとする幸人だが、

悦子は1日中尾行していたことを正直に話す。

幸人が信じられなくなったからいろいろ嗅ぎ回ってしまったことを謝る悦子。

「えっちゃん、明日なにしてる」

「仕事のあとあえないかな」

「え、でも・・・」

「えっちゃんに会ってちゃんと話がしたい」

「明日7時に浅草駅の前で待ててもいいかな・・・」

「うん」と悦子。電話を切る。

 

森尾のマンション・・・

「いよいよ明日だよ〜」

lassyのオーディションの結果が明日だと話す森尾。

忘れていた折原に、

「前祝いしよう」と森尾はビールを開ける。

 

「森尾さんなんか前より楽しそうだね」

「そう?」と森尾の顔は明るい。

 

・・・・

部長は西園寺がやはり原稿を取りやめると話す。

「自分の文学はやはり子供に合わない、しかし、迎合してしまっては文学が廃れる」と部長は西園寺の言葉を話す・・・

 

西園寺のことで大変な貝塚の元を訪れる貝塚。

やりたくない仕事をやらないといけない時もあると貝塚は話す。

「お前だってそうだろ、ファッション誌やりたっていってじゃないか」と貝塚。

悦子はファッションエディターになったときに役立つと思った校閲の仕事を嬉しそうに話す。

「お前なんでそんな前向きなんだよ」

「昔に囚われているおれとは大違いだな」

 

貝塚が戻るとデスクに封筒が置かれている。

「あ、その封筒バイク便が置いていきましたよ」と聞かされる。

貝塚があけると桐谷の小説が入っていた。

 

桐谷の小説を読む貝塚はある小説に目が止まる!

 

西園寺の代わりに桐谷の作品を載せて欲しいと懇願する貝塚。

部長は取り合おうとしない!

「部長はわからないんですが、この作品が!」

「お前自分が何言っているのかわかってるのか!?」

「わかってるよ!!!」

・・・・すいません。

貝塚はこどものべるに桐谷の作品をのせないといけないと熱弁を振るう。

 

悦子が戻ると米岡が楽しそうに香水を振りかける。

「あら印刷所の彼とデート?」と悦子。

「そうなの〜」とおネエ言葉な口調で答える米岡。

 

差し支えなければ私にも一拭きお願いしますと藤岩。

 

「彼氏とデート?」と悦子。

「相手は夫です」

「なんだ夫かよ・・・」

「えー!!」

驚愕する悦子・・・

部員たちも「え、そうだったんだ・・・」とつぶやく。

部長さえ知らなかったようだ。

 

「校閲!」と呼び止められる。

桐谷の原稿を明日までに仕上げられなければ載せることはできないと事情を説明する貝塚。

「おれはこの小説をたくさんの子供たちに読ませたいんだよ!」

「納得させたかたちで月間こどものべるを世におくりだりたいんだよ」

「頼む校閲!!!」

 

「ごめん私、予定あるから・・・」と急ごうとするが・・・

すぐに戻ってきて・・・

「ってんなわけあるか、わかったよ!!」と原稿を奪い走り出す悦子

 

・・・

 

悦子が校閲を始めると藤岩が夫へのプレゼントを忘れてもどってくる。

原稿をみた藤岩は最低でも3日はかかる内容だと話す。

間違ったた原稿を出せは景凡社の責任になるというが、

「その時は全ておれが責任をとります」と貝塚。

藤岩は「あなた・・・今夜どうしてもやらないといけない仕事が入りまして・・・」

と夫に電話を入れる。

「いいんですか藤岩さん。10回目の記念日なんですよね?」

悦子が心配するが、藤岩は夫の理解は得られていると話す。

・・・

手際よく仕事を進める藤岩。

しかし人手が一人足りない・・・

・・・

米岡を呼ばれてくる。

「今日は本当にごめんね」と米岡は正宗に話す。

 

正宗は状況を見て手伝うことにする。

 

手際の良さに感心する桐谷。

「桐谷先生、関心していないで早くチェックを」と藤岩。

「すいません」

 

・・・

 

ついに、モデルオーディションの結果が発表・・・

 

「えっちゃん・・・えっちゃん・・・・」

「是永くんどうしたの?」と貝塚。

「どちらさまですか?」と藤岩。

是永是之であるとわかると、

「是永先生、失礼しました」と謝る。

幸人は甘栗の差し入れをする。

悦子は帰ろうとする幸人に手伝いをお願いする。

 

「結果でました」

・・・

1票差でlassyの初代男性モデルは折原にきまる!

 

「幸人!ただいま!」

「幸人〜」

森尾が帰ると幸人はいない。

そこに不倫相手から電話がかかってくる。

「え、また今から?無理だよ。今からは無理。あのさあ、私ずっと無理してたんだ。だから、もう無理するのやめることにした。いままでありがとう。楽しかったよ。ばいばい」

電話をきる森尾。幸人に電話する。

しかし、留守番電話だ・・・

 

幸人は悦子の校閲を手伝っていた・・

 

「本当にこれでいいんですかね。桐谷さんだから書けるシーンがあると思うんです」

いつになく貝塚は真剣だ。一度終わった校閲後の原稿を見てこだわりを見せる。

「貝塚さん。全く変わってないですね。昔のまんまだ」

「わかりました。書き直します」

「すいません、もう少し時間を下さい」

「もちろんですよ」と笑顔で答える悦子。

 

「終わった!お願いします」と桐谷の元に駆け寄る悦子。

「ここだけ直して下さい。お願いします」

・・・

「終了です!」と藤岩。

「みなさんお疲れ様でした」

「終わったー」と悦子。笑顔になる。

 

「みなさん、無理言ってすいませんでした。ほんと、ありがとうございました」

貝塚は頭を下げる。

 

「みなさん、本当にありがとうございました。おれのつまらない小説のために」

と桐谷・・・

 

悦子は「面白くてつい読んじゃったいましたもん!」

「大嫌いな私にまで頭を下げたんですよ」と貝塚のことを話す。

「でも、貝塚がお願いした気持ちがわかった気がする」と悦子。

「本当に書いていて・・・よかったです・・・」

「心の底から納得するものができました」

「貝塚さん本当にありがとうございました」

「こちらこそありがとうございました。」

二人は涙ぐんでいる・・・

 

・・・

貝塚はこのままだと次だせるかわからないと折原に正直に現状を話す。

「描いてる自分が面白いと思えないものが、読んでる人が面白いと思えるはずがないですよ」と折原。

折原は、「自分のスイッチがどこにあるのかわからない」と話す。

「もう書けないかもしれない」

「貝塚さん、おれのこと見捨ててもらってもいいですよ」

「何言ってんだよお前」と貝塚は折原を抱きしめる。

悦子はその様子を遠目に見てはにかむ。

 

・・・

「幸人くん、昨日はごめんね」

「よかったよ、えっちゃんがはたらいているところみられて」

「それにえっちゃんはおれの思ってたとおりのひとだった」

 

「えっちゃん、あー、いまさらだけど、おれ、えっちゃんのことが好きだよ」

「大好きだよ」

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第6話のネタバレまとめ

  1. 景凡社はこどものための雑誌を新しく創刊することになる
  2. 一番注目の作家・西園寺の原稿はこども向けの物とは思えない
  3. すると案の定西園寺が原稿を取り下げることになった
  4. 貝塚は過去担当して目が出なかった桐谷の原稿を入れようとする
  5. 折原とデートの約束があった悦子だが熱意におされ徹夜で作業する
  6. 藤岩、米岡、そして折原たちが加わり徹夜で期限までに校閲が終わる!
  7. 折原は悦子の仕事振りを見てやっぱり思い通りの人だったと告白する



Sponsored Links

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第6話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/gakkina6311/status/796385155212419073

https://twitter.com/tako_jimisugo/status/796385132651233280

https://twitter.com/okapi_1558/status/796384773199380480

 

Sponsored Links



地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第6話の視聴率

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第6話の視聴率13.2%でした!

ドクターXなどシリーズものを除くと、逃げ恥と一騎打ちですね。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子・第7話(次回)のネタバレ感想

校閲ガール7話のネタバレ感想と見逃し動画無料視聴方法

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。