鈴木浩介(永沢)が刑事7人で殉職はなぜ?5話ネタバレ犯人を暴露!

鈴木浩介 刑事7人 殉職 なぜ 5話 ネタバレ 犯人
Sponsored Links

東山紀之さん主演のドラマ・刑事7人の第5話は8月10日(水)夜9時放送ですね〜。

 

前回は永沢(鈴木浩介)刑事の殉職の不可解な点、メッセージに気づいた天樹。

 

今回は盗聴なども発覚したり、証言者が全員姿を消したりと怪しい雰囲気満載の中どのように解決に導くのでしょうか。

 

弔い合戦を制するのは・・・

 

この記事では「刑事7人」の第5話のネタバレや感想、あらすじ、視聴率などをお伝えしていきます。

ネタバレと感想についてはドラマの内容がわかってしまうので、「自分でみたい!」という方はご注意下さいね。



刑事7人・第5話のあらすじ

鈴木浩介 刑事7人 殉職 なぜ 5話 ネタバレ 犯人
女性を襲おうとした男を追い、誤って団地の屋上から転落死したと思われていた警視庁捜査一課12係の刑事・永沢圭太(鈴木浩介)。

だが、事故死を裏付ける証言をした団地住民のうちの誰かに呼び出され、殺された可能性が浮上した!

そんな折、12係が盗聴されていたことが判明。しかも、証言者らは一斉に引っ越し、姿を消してしまう…。

 

弔い合戦に命を燃やす、機動捜査隊の天樹悠(東山紀之)ら、永沢の仲間たち。

そんな中、天樹は永沢が約1カ月前、実家へ戻り、あるカセットテープを聴いていたことを突き止める。

そのテープはかつて、殉職した元警察官の父・永沢圭介(岩渕敏司)が息子の20歳の誕生日プレゼントとして、タイムカプセルに入れて埋めていたものだった。

そして…そこには「もし警察官になっていて、信頼できる仲間ができたときは、暗号化された手帳の捜査メモをもとに真相を追ってほしい」という、父の切なるメッセージが残されていた!

しかし、どういうわけか肝心の手帳はどこにも見当たらず…。

 

そのときだ!

天樹は、永沢がこっそり残していた謎のダイイングメッセージから、30年前に起きた殺人事件の被疑者・三窪厳(大高洋夫)の存在にたどり着く。

永沢は父の遺志を受け継ぎ、30年前の殺人事件を追っていたに違いない――。

そう考えた天樹らは、すでに出所している三窪と接触。あらゆる角度から、当時の事件を洗い直す。すると、捜査の矛盾点が次々と出てきて…!?

 

大切な仲間・永沢はなぜ殺されなければならなかったのか…。

そして、彼が最期まで貫こうとしていた正義とは何だったのか…。

7人のエキスパートたちによる“不屈の弔い合戦”は、やがて“やりきれない真実”をあぶり出す――。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_02/story/0005/



刑事7人・第5話のネタバレと感想

事件の証言者は全員夜中の内に夜逃げしてしまう。

天樹は一人、永沢の自宅自宅へ向かい、永沢はテープが聞きたいとラジカセを取り出していたことを母親から聞き出す。

永沢の父は生前、彼の20歳の誕生日の時に埋めていたと言うが、遺留品にテープはない。母親は「子供の頃のプレゼントなら」押入れから箱を取り出し、中を見ると地図が入っていた。

天樹は地図を頼りに神社の木の根本からテープを発見するが、謎の男に襲撃される

しかし青山が駆けつけ交戦し、バイクで逃走する。天樹はとっさの機転で襲撃者にペンを刺し、血液とDNAの採取に成功する。

 

「このテープと一緒に埋めたのは父さんの捜査メモだ。もし、お前が警察官になって信頼できる仲間が出来た時、メモを元に真相を追って欲しい。メモは暗号になってる。お前なら解けるだろう」

テープの中身は、父が息子に託したメッセージだった・・・しかし、肝心の手帳が見つからない。

天樹は永沢も自分たちにだけ解ける暗号を残していると考え、トランプを並べ始める。ジョーカーを先頭にスペーとハートの二種類のを使った9枚のカード。残りの26枚には手を付けていない。

26で考えられるものは考える天樹に、水田はアルファベットと言い出す。スペードはAからM、ハートはNからZを表していたのだ。

カードを並べると「MIKUBOGEN」と言う単語が浮かび上がる。検索結果、三窪厳の名を発見。彼は30年前、埼玉県で起きた殺人事件の犯人だった。

永沢のトランプは、30年前の事件を追っていた事を意味していた。

 

天樹は片桐から当時の資料を受け取る。資料には事件担当者に殉職した永沢の父の名が記されていた。

「永沢は殺されたのか?」と言う片桐に「恐らく、手掛かりは30年の事件にある」と答える天樹。

天城と青沢は当時の県警関係者、北田の所へ聞きこみに行く。

北田は「証拠も見つけすぐに逮捕できた。永沢は捜査の裏取りをしていただろうが、報告は受けていない」と言う。
天樹は「永沢さんは操作中に亡くなったのでは?」と言及するも彼が亡くなった事件は別の事件、終わった話と断言する。

 

 

一方、沙村と水田は刑期を終えて出所している三窪の元を訪れ、永沢も三窪を訪ねてきた事を知る。

「私が彼女を殺した。そういうことで終わってる」と言う三窪だが、水田は利沙子の部屋にあったクマのぬいぐるみを大事にしてたと告げ、窪田達の関係を問いただす。

窪田は利沙子に片思いをしており、一滴も飲めないのに店に通い続け、デートに行く約束をするまでこぎ着けていた事を明かす。

 

つまり、上手く行っていた三窪には利沙子を殺す動機がないのだ!

 

告白が成功したお祝いに常連客やおばさんから酒を勧められ三窪はがぶ飲見して酔いつぶれてしまい、目を覚ますと客は皆帰った後。おばさんも寝ていたのでお代を払って立ち去ったと言う。

三窪は無実を主張するが、彼女の部屋には叔母のスナックを通ないと帰れない事、利沙子に執着していた事から、拷問のような尋問を受けた上、家族に迷惑を掛けたくないという気持ちから罪を認めたと告白。

そんな中、唯一永沢の父親は三窪の潔白を信じ「動いて見る」と彼に約束。しかし、三窪の留置中、永沢の父は殉職を知る・・・

水田は「永沢刑事は何か言ってなかったか?」と聞くと「父親の代わりに事件を調べている」と言っていたらしい。「ただ、俺達はまだ終わったと思っていませんから!」と立ち去る二人。

 

 

一方、天樹と青田は30年前の事件現場を調べていた。部屋に入るには一階の店舗を通る必要があリ被疑者は店の客に絞られたが、天樹は一回のルートを通らない方法がないかを模索、天井に大きめな穴を発見する。

結果工具で開けられたものだと判明、天井裏を使ったもう一つのルートを発見する。

なぜこんな初歩的な事が捜査で見落とされたのかを疑問視する二人。

 

 

 

沙村達は清水利沙子の解剖結果を堂本に見せ意見を聞くと「検出された血液は証拠として使われていない」と言う。

しかし、三窪に傷があったという記録はない。「証拠にしたくない理由があったのかもな」と堂本は言う。

永沢は殉職に見せかけて殺されただと確信する天樹達。天樹は永沢の父親の殉職を裏付ける唯一の目撃者、小早川の元へ。

小早川は、昨日のあった事の様に当時を語る。永沢の父親は酔った男に突き飛ばされ頭を強打して亡くなったと。

天樹は小早川がヤマジ警備から貰った賞状に気付き、彼がヤマジ警備の元社員だと気付く。

 

 

その後、青山に水田から電話が入り、団地部屋の証言者達のオーナーは全て同じ不動産会社で、ヤマジ警備の子会社だと聞く。

青田を尻目に、喫茶店に入る天樹。そこでの聞きこみの結果、現在のヤマジ警備の社長は死亡、息子が二代目を引き継いいた。

そしてその息子は、三窪厳と清水利沙子と同級生と言う重大な事実を知らされる。

 

 

それを知った二人は山路警備に急行、二代目の社長・山路史郎と対峙する。「30年前の事件の再捜査をしていた所。

山路さんの名前が浮上ました。何か知ってることはありませんか?」と尋ねる青山に「あるわけねぇよ。俺には関係ない、帰れ」と言う史郎。

 

 

捜査の結果、ヤマジ警備は埼玉県川口市を拠点とする警備会社であり、地元の資産家、山路と県警のOBが創設した会社で県警の天下り先だという事がわかる。

史郎は若い頃から有名な「バカ息子」で、覗きや置換で補導歴もある問題児だった。

しかし、父親が警察に手を回し事件をもみ消す真似までしていたと言う。

 

 

青山は30年前の事件現場の天井の穴は「覗き穴じゃないか?」と推理。

全員で状況を整理する12係。史郎は覗きの後に利沙子を殺害、事件を隠蔽するために三窪が被疑者として仕立て上げ、調査していた永沢の父親をも殺害したと言う仮説を立てる。

それならば。永沢が真相を確かめるために小早川に会いに行っていてもおかしくはない。

そして、父親同様殺されてしまった。

推理としては筋が通るが証拠が全くなく、事件は既に時効。唯一の手掛かりは、永沢を殺害し、天樹を襲った謎の男だ。

天樹は皆の協力を仰ぎ、史郎を罠に掛けるために5つの作戦を立てる。

 

第1の作戦は、史郎を揺さぶる事。再捜査で30年前の新事実が出て来たとチラつかせ、さらに小早川が協力してくれると伝えると、途端に史郎は顔色を変える。

第2の作戦は、小早川を24時間体制でマークする事。今までのやり方から、被疑者は小早川の口を封じると読み、小早川を囮に使うことで襲撃者を現行犯逮捕する事。

読み通り、人気のない地下駐車場に呼び出される小早川。

そこへ凶器を持った謎の男が凶器を手にバイクで現れ、小早川を襲うが青山達が救出、確保に成功。男の正体は、永沢が突き落とされた現場にいた警官だった。

第3の作戦は、小早川と丸藤を尋問じ、事件の繋がりを聞き出す事。

 

取調室。

「30年前の事件は時効で被疑者が罪に問われることはない、しかし、今回の事件の主犯は今後もあなたを殺そうとするだろう」と、青山。

小早川は、先代社長に頼まれ、言われた事をそのまま言っただけだと偽証を認めた。

一方、丸藤巡査は完全黙秘。しかし、天樹が丸藤を刺したボールペンから丸藤のDNAと一致する。

が、永沢を殺した犯人と丸藤を結びつける証拠がなく、立証するには史郎が丸藤に支持を出したことを証明ば必須。

そこで、天樹は第4の作戦――マスコミに情報をリーク、それにより後ろ盾のない史郎は更に追い詰められ、山地は県警本部長に打診して泣きつく。

 

県警本部長から警視庁刑事総務課長・片桐に連絡が行き、二人は料亭で密談する事になった。

片桐は警視庁と埼玉県警が合同で火消しをすると史郎に告げ、史郎に片桐と先代社長の写った写真を見せ自分も先代に恩があるとアピール。

「私はどうすればいいですか?」と言う史郎に、「警視庁で騒いでいるのが、私の元部下。私が押さえつけるために正確な情報が必要です」と片桐から進言、史郎は事件の事を口にする。

「利沙子は私に覗かれていることを知ってて私を挑発した。なのに、抵抗して騒いだから口を押さえたら、死んでしまった」と訴える史郎。

「その後、お父様が偽装工作を?」と、片桐。

史郎はそれを肯定。

更に「永沢刑事殺害にも理由があったんですよね?」と尋ねると、史郎はそれも認める。

「困ったあなたを、お父様が守ってくれたんですね。今回の件は自分で処理されてよかったですね」の言葉に、史郎は当時の事を思い出し泣きむせぶ。

「丸藤巡査に永沢を殺すように依頼したんですねと」と切り出し、丸藤の写真を見せると、史郎は笑いながら認めた。

片桐は「丸藤との連絡手段を消去しないと行けない」と持ちかけ、史郎から携帯を手渡される。
途端「だってよ!」と叫ぶ片桐。それを合図に現れる天樹達。

 

 

天樹の第5の作戦とは、山路史郎の自供を取る事。

片桐はそれに協力したのだ。そして、史郎は永沢事件の被疑者としても連行されることになった。

 

 

その頃、丸藤は依然黙秘を続けていたが、団地で襲われた女性が出頭し丸藤との関係を証言、更に金の流れも掴み、黙秘を続けても立件することは出来ると、天樹は言い、沙村は「お前の工作は全て失敗した。永沢の完全勝利だ」と宣言する。

丸藤の脳裏によぎったのは「ぼくが死んでも、正義はかならず勝つ!」と言う、永沢の最後の言葉だった。

こうして事件は解決を迎えた。

永沢の机に花を添え、黙祷を捧げる12係のメンバーだった――。

 

  • 刑事7人・5話感想

率直に言うと、話全体としては非常にややこしいという感想が先に来ました。

何しろ謎が多い上に30年前の事件が絡んで来るんですから。ミステリー好きの方にはなかなか見応えがあったのではないでしょうか。

冤罪にあった三窪のインタビューのコメントが胸に染みました・・・

ただ、あらすじにあった通り、やりきれない結論だったので見てて少し凹みました・・・裏を返せば、それだけドラマに惹きこまれたって事ですね。

今回はゲストの大高さん、音尾さん、手塚さんが凄くいい味を出していました。



Sponsored Links

刑事7人・第5話のみんなの感想まとめ

https://twitter.com/mugisiba1130/status/763480571125256193

刑事7人の5話については俳優さんの演技力に注目する反応が多かったですね。

それ以外には永沢刑事の弔い合戦に見事勝利したことに関することなどや劇団についてのつぶやきがあったりと様々でした。



刑事7人・第5話の視聴率

刑事7人の5話の視聴率は9.8%でした!!

刑事7人・第6話(次回)のあらすじ・ネタバレ

刑事7人 6話放送日は8月24日!みんなの感想やネタバレやロケ地

Sponsored Links

見ないと損をするコードブルー特集

“コードブルー

細胞レベルでトキメク恋愛ドラマランキング

恋愛ドラマ ランキング おすすめ 日本 国内

永遠の定番!医療ドラマランキング

医療ドラマ おすすめ 海外医療ドラマ おすすめ ランキング

旬の上を行く夏ドラマランキング

夏ドラマ 歴代 おすすめ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。